河野大臣 Zoomで記者会見も、報道関係の意識の低さ 役所の対応の悪さ

こんにちは、Koduck です。

 

河野太郎行政・規制改革担当大臣が

1月8日に議員宿舎からオンライン(Zoom)で

政府が東京など1都3県に緊急事態宣言を発出したことを受けて
記者会見を行いました。

 

改革を担当する大臣の意向を全く理解していない

変われない習慣について一緒に考えてみませんか?

 

 

記者会見

河野大臣は7日にテレワークを開始。

2020年末に訪問したシンガポールからの帰国後の隔離期間や、緊急事態宣言で民間企業に7割の出勤抑制を要請していることなどを踏まえたもの。

8日の会見は Web会議ツール「Zoom」で配信した。

 

河野大臣は Zoom のURL から報道陣が視聴することを想定していたようだが

この日は内閣府の会見室に報道陣が集結していた。

 

「やや、想定と違ったと思っているが、問題点を拾えることも意義があるので直せるところは直していきたい」

と今後の改善に意欲を見せつつ
報道陣に

「貴社の皆さんもできるだけオンラインでやってほしい」と要望した。

 

 

今まで通り多数の記者を前に記者会見するスタイルに、河野大臣当人が新型コロナ感染してしまう危険性が怖くて、リモート記者会見を行ったと考えたのでしょうか?

 

 

それも一理あるでしょうが

 

記者会見場で、どんなに感染予防対策をしていたとしても

緊急事態宣言下で

5人以上の会食で騒がれる世間の中

多人数を前に記者会見する映像は、確かに変ですよ

 

また公共機関で通勤した担当記者が、会社手配のハイヤー等で会見場へ来たとしても、民間企業に7割の出勤抑制要請にも反しますし

(もちろん出勤しないと仕事できない職種も多々あり、理解はしています)

 

他記事を引用して報道する こたつ記事の原稿を書く訳にはいかないところ、河野大臣からの配慮を有効的利用もしていませんよね

 

河野氏はまた、霞ヶ関の中央省庁に対してもローテーションで7割の出勤抑制を要請したことを明かした。

「自分がテレワークをすることで、所轄する部局もテレワークをやりやすくするだろうし、霞ヶ関のテレワークの問題をはっきりと浮かび上がらせられるのではないか。霞ヶ関にしっかりとメッセージを出したい」

「今後はオンライ(会見など)にチャレンジしたい」

と抱負を述べた。

引用元:ITmedia

 

記者会見を用意した

お役所の人も大臣の意図を理解していなかったのでしょうかね?

 

趣旨を理解はしていて、意図的に記者を集めることをしたのならば余計に抵抗勢力と見なされても仕方がないでしょう。

 

まとめ

他方、平井卓也デジタル改革担当相は同日、通常通り内閣府内で記者会見を行った。

報道陣から河野大臣がオンラインで記者会見したことへの受け止めを問われ、「必要なら Web で行う」とした。

 

閉塞した世の中だからこそ

知恵を出して遊び心で解決して貰いたいと願っています。

 

Zoom って、何?

 

最期まで、お読みいただきありがとうございました。

 

 

 

作成者: koduck366

シニア世代の自由を求めたポンコツオヤジ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中