【文春砲】東京オリパラ辞任劇の黒幕追求より、橋本聖子会長を応援が大切。

こんにちは、Koduck です。

 

東京オリパラ開閉会式の演出チーム
統括責任者、佐々木宏氏が辞任の話題に触れて

 

野村萬斎氏やMIKIKO氏が
辞任された内容が【文春砲】で
報じられているようなので

調べてみました。

 

 

野村萬斎氏

昨年末の
東京五輪組織委員会の会見

まずは動画
野村萬斎氏が統括責任者から

佐々木宏氏へ移譲された報道
をご覧ください。

 

何かのヒントになるかと思います。

 

 

日本の伝統文化を取り入れたい意向が働いて
IOC は野村萬斎氏を統括責任者に向かえ入れたのでしょうが

 

新型コロナ感染拡大の影響で
開閉会式の簡素化が必要になり

 

大会組織委員会の要請で
それまで固まってきていた
開会式の式典内容を一旦白紙に
戻し、大きく変更に舵を切った
ことが発端みたいです。

 

スポンサーリンクhttps://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

その中
活躍分野の違う

7人の演出家を纏めるには
チームの意思疎通がうまく機能しなかったと説明しています。

 

大会組織委員会はコロナ禍に伴う式典の簡素化を短期間で進めるため、チームの一員で、電通出身のクリエーティブディレクター、佐々木宏さんを新たな統括に据えて権限を一本化した。

野村さんは23日の記者会見で「断腸の思いではあるがスタッフに感謝を言いたい。7人だと判断に時間がかかる」と述べた。複数の関係者によると、チームの意思疎通がうまくいかないこともあったという。

引用元:朝日デジタル 2020年12月23日

 

狂言師の野村萬斎氏が外れる発表です。

演出家の手腕も見込まれての
人選だったけど

 

チーム内に不協和音を作った原因のひとつに

野村萬斎氏の統括力の低さ
指示の不明瞭が原因だとも

言われています。

 

 

MIKIKO氏

MIKIKO氏をご存知ない方もおられると思いますので

調べてみました。

 

有名なところでは
Perfume や BABYMETAL の振付師

最近は星野源さんの
恋ダンスで一世風靡しています。

 

19歳のころからダンスに本格的活動し
プロのダンサーとして活躍していましたが

 

自らダンスで表現するより
演出振付家として舞台を作ることに
情熱があることに気づいて

今日に至るそうです。

 

 

野村萬斎氏が統括責任者を辞任するにあたり

それまで開会式の演出責任者だった
MIKIKO氏も責任者排除されます。

 

森前会長に信頼されていた
佐々木宏氏へ統括責任者として

オリパラ両方の開閉会式の演出も移行されたものでした。

 

大会・演出の簡素化前まで
ほぼ完成に近く高い評価を得ていたMIKIKO氏の企画案は

演出の権限を佐々木宏氏に集中させられることで
MIKIKO氏は下ろされてしまったのです。

 

 

MIKIKIO氏が電通幹部に送った
メール内容が文春によって

明らかになっています。

 

〈去年の6月に執行責任を任命され、全ての責任を負う覚悟でやってきました。/どんな理不尽なことがあっても、言い訳をしないでやってきました。それを一番近くで見てきたみなさんはどのような気持ちでこの進め方をされているのでしょうか?/(略)でも、またこのやり方を繰り返していることの怖さを私は訴えていかないと本当に日本は終わってしまうと思い、書きました〉

 

覚悟の訴えに対し
電通側は「佐々木氏に任せていた」と
答えるばかり。

 

佐々木宏氏はMIKIKO氏の企画を

最大限配慮した演出を考えているとしていますが
それまでコロナ禍で活動を余儀なく停滞

不誠実な電通の対応に対して
不信感が芽生えたのも不思議ではありません。

 

 

 

その裏でMIKIKIO氏排除に
電通ナンバー2の存在を

週刊文集が記事にしています。

 

 

電通ナンバー2

役職の順位からすると
電通ナンバー2は副社長

 

知っている方も多いと思いますが

「嵐」の櫻井翔さんのお父さん

 

櫻井俊氏は電通副社長です。

 

 

MIKIKO氏排除に動いた電通役員は
佐々木宏氏の同期であることも伝えられています。

 

総務省事務次官だった櫻井俊氏が電通、副社長に就任したのが2018年ですが

 

1977年に郵政省(現:総務省)に入省したことが
同期と解釈するならば、疑うべき要素はあります。

 

しかし
Koduck は電通ナンバー2と言われて、会社組織の地位の話ではないと疑いを持ちます。

 

電通ほどの会社になると様々なパワーバランスが影響して、役職名簿順にナンバー2が決まってしまうとは考えていないからです。

スポンサーリンクhttps://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

東京五輪組織委員会、役員名簿を前回調べたときに
元電通役員で過去にナンバー2実力者だったと噂される名前を天下り会社名に見つけのもあり

 

調べましたが、佐々木宏氏と同期に符合しません。

 

では真相は、、、誰なのか?

 

 

黒幕人物の特定

3月25日に発売された【週刊文集】に

 

MIKIKO氏を責任者から降ろした黒幕の存在を
電通ナンバー2の代表取締役

髙田佳夫(たかだよしお・66歳)と特定して伝えられました。


出典:電通

 

週刊文春は記事に

MIKIKO氏が出演チームの責任者を外されたのは、彼女が”わきまえない女性”だったから。広告業界でクリエイター天皇と言われる佐々木宏氏に反抗する人なんていませんよ。そんな自分に物申すMIKIKO氏が佐々木氏にとっては煙たい存在だったんでしょう。
引用元:週刊文春

 

電通関係者の言葉として
元電通社員だった佐々木宏氏と
髙田佳夫氏は元同期だったと証言しています。

 

森前会長も髙田佳夫氏と非常に固い絆で結ばれており
髙田佳夫氏が東京五輪を取り仕切る電通役員だったことが

伝えられていました。

 

 

おわりに

森前会長が

「わきまえない女性」発言した理由に

評議委員会内での女性が発言するとき

「女性が…なかなか終わらないので困る」
「女性っていうのは競争意識が強い。…」

 

女性蔑視として失言報道
責任を取って会長職を辞任した訳ですが

 

チーム組織の編成段階から間違い
統括責任者の人選見込み違い
コロナによる異次元の変化
演出と運営の方向性が不一致など

 

 

企業なら時として有りえる内容ですが

女性差別や老害だけの一片的な問題ではなく
複雑な要素が含まれていたのがわかりました。

 

 

世界が見守るオリンピックなので…

 

 

もぅ誰が悪いか粗探しの
これ以上の恥をさらしより

 

橋本聖子会長が

政治家、スピードスケーター、自転車競技の元選手として発言した

 

「誰かが最初にやるから前例となるし、道もできる。

非難されるからと、何もやらなかったら

自分は向上しない。」

 

どんなに素晴らしいことをやったとしても、
批判をする存在はいるものです。

逆に、何もやらなくても、
そのことを批判する存在もいますね。

何れにしても、何をやってもやらなくても、
あれこれ言う存在は必ずいるものです。

引用元:偉人たちの名言集

 

 

あまりに悪路すぎるけど

橋本聖子会長の「男気」に期待します。

 

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

作成者: koduck366

シニア世代の自由を求めたポンコツオヤジ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中