巨大イカ、能登町民が驚いた世界も驚く、臨時交付金をつかった地域活性事業。

こんにちは、Koduck です。

 

英国放送協会のBBC News が
石川県能登町に現れた

巨大イカのモニュメントについて

 

驚きと住民の声を届けているので
お知らせするね、、、

 

 

石川県 巨大イカモニュメント

こどもの日の5月5日記事

 

日本では現在、感染者が再び急増しており、東京、大阪、兵庫、京都の4都府県には3回目の緊急事態宣言が発令されている現状の中で

 

巨大イカのモニュメントは全長13メートル。スルメイカが特産品の能登町・九十九湾の観光交流施設「イカの駅つくモール」に設置された。

報道によると、能登町はモニュメント建設に臨時交付金8億円のうち2500万円をつぎ込んだ。新型ウイルス対策に直接的に使用する必要はないものだが、新型ウイルスのパンデミックが収束していない中で巨大イカに多額の資金を投じた行政には、一部から批判の声が上がっている。

【BBC News】は伝えています。

新型コロナウィルス対策の
臨時交付金を使って

巨大イカのモニュメントを作製、設置した報道でした。

 

 

ネットでググっただけでも
海外メディアはじめ日本各社が取材したのがわかります。

 

 

新型コロナウィルス対応で地方自治体を支援するため、日本政府が4兆5000億円の予算
「地方創生臨時交付金(コロナ交付金)」を計上

石川県能登町には8億円があてがわれました。
巨大イカモニュメントは

 

高さ4m、全長13m、幅最大9m
繊維強化プラスチック(FRP)製で

 

 

製作費は3,000万円。交付金2,500万円に町費500万円です。

 

 

BBC は

石川県能登町越坂の観光交流施設「イカの駅つくモール」に設置された巨大なイカのモニュメントに多額の税金が投じられたことについて、

 

 

コロナ禍で能登町の観光客が減っていると記述。「交付金は直接のコロナ対策に充てる必要はない。だが、パンデミック(世界的大流行)が収束しない中、巨大イカに多額の費用が使われたことに批判の声がある」などと指摘した。

 

 

なぜ巨大イカなのかと言うと

三方を海で囲まれた能登半島は
豊かな生態系をもつ漁業で、県内有数の漁獲量が多い町として知られています。

 

 

能登の寒ブリや
「イカ」の日本三大漁港のひとつに数えられる小木港があり

 

南からやってくる暖かい対馬海流と、北からやってくる冷たいリマン海流が交わる能登半島沖は、ブリやアジなどの回遊魚が集まりやすく

また、大陸棚が広がる外浦海域と急峻な内浦海域の二つの海洋環境から成り立っているのも特徴で、水深の深い場所にはカニなども生息している好漁場として恵まれています。

 

 

 

Koduck も、ご馳走になった寿司屋さんで
大トロより「イカ」が美味しくて
おかわりをお願いしたのが思い出にあります。

 

 

能登町の人口 1.784万人の町は年々人口が減少している心配もありますが
グルメの海産物だけではなく

 

 


出典:LINE トラベル

 

 

 

大小の入り江からなるリアス式海岸の日本百景に選定されている九十九湾や

日本初の世界農業遺産「能登の里山里海」の棚田や水族館、美術館に工芸品などに温泉も充実しているようなので、ぜひ一度は観光に訪れてみてはいかがでしょうか?

 

 

しかし、このお金の使い方に対して

国内の反応は「税金の無駄使い!」
「こんなものをわざわざ見に行く人なんているの?」
「こんなものにお金を割り当てた議員や役人は無能」といった批判的な意見が大半を占めています。

 

 

 

次は地元・海外の声を聞いてみましょう。

 

 

 

地元・海外の反応

 

海外の反応

予算を充てがった公務員の親戚を儲けさせるために作ったのかな」

「誰かこのイカが必要とわかる『天才的な発想』をください」

「『Go to Noto(能登)』でなく『Go to no to』だね」

「能登町は観光客目当てで作ったみたいだけど、俺は行きたいと絶対に思わないね」

 

批判的な声が多いようですね

 

地元の反応

「こういう形で能登町が世界に知られるのは恥ずかしい。コロナ検査の充実など他に使い道があり、海外の人にとってもモニュメントとコロナ対策は結び付かないのでは」60代女性

「結果的に人が集まったとしても、今後は税金の使い道はしっかり議論してほしい」40代男性

 

 


出典:中日新聞

 

 

町ふるさと振興課担当者

「海外まで話題が波及するとは…率直に驚いた」

「(臨時交付金の使途として)批判があることは受け止めている。観光誘客などに最大限活用し、理解を求めたい」と強調した。

と【東京新聞】が伝えていました。

 

 

 

おわりに

石川県能登町が

新型コロナ感染拡大で疲弊した経済対策のため

 

名産である「スルメイカ」の巨大イカのモニュメントを臨時交付金の一部を使って、道の駅
「イカの駅 つくモール」に設置した話でした。

 

景気回復のために町興しの事業として、交付金を使うことは間違いではありませんが

 

 

感染者の拡大が止まらない時期に
こどもがイカの中に入ることも出来るモニュメントを設置するあたり

 

イカがなものなのか?と

 

地元住民も手放しで喜べない声が届いていました。

発想は「イカす」と思ったけどね、、、

 

 

コロナ感染の流行が終わってからで良かったのにね。

 

 

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

作成者: koduck366

シニア世代の自由を求めたポンコツオヤジ

2件のフィードバック

  1. 賛否両論ですが話題に上がっただけでも設置した効果はあったのではないでしょうか?先日のGWもここは車が入れないほど混雑していたようです。
    その1つの原因に、イカの足の手前に車やバイクを止めて写真を撮るとイカにも襲われている映える写真が撮れるため順番を待つ列が。

    ここで真面目な話、小木漁港のイカ漁場は日本海にある大和堆、そうですここ数年北朝鮮や中国の漁船団の違法操業で荒らされまくられ昨年度の水揚げも過去最低、行くだけ赤字と船長も嘆いています。
    しかも中国海軍までもが領海を犯し漁船の養護に、対する日本の海保は漁船の数が多過ぎて打つ手無し。
    ちなみに、松葉ガニや越前ガニといった高級ズワイガニもこの大和堆で獲れてるって事知ってますか?
    各県がここで小さいのを捕まえそれぞれの漁場に離し大きくなった頃、カニ漁の解禁。

    イカは乱獲で既に枯渇状態、次はカニがいなくなる事間違いなし。
    モニュメントからこの違法操業問題をアピール出来れば能登町もバッシング受けなかったろうに、残念。

    いいね

    1. Goodpowerさんへ
      やめてください。本記事より詳細に語るのは!(笑)

      旅好きなライダーや小生のようなB級スポットハンターには
      とても興味が沸く施設です。グーグルマップに登録決定ですねw

      違法操業に中国領海侵犯…
      今年は「カニ」諦めようかな…
      毎年GPさんの贈り物楽しみにしてたのに(残念)

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中