【WHO】テドロス事務局長のあれこれ

こんにちは、Koduck です。

 

WHO(世界保健機構)のテドロス事務局長が
中国に忖度してばかりいるのは知っていますよね

 

出身国のエチオピア含めて、中国が「一帯一路」戦略でアフリカ諸国に投資を行っているのが、一つの理由とされています。

 


出典:西日本新聞

 

前米国トランプ大統領がWHOを脱退したのも新型コロナウィルスのパンデミック発生時に中国の影響下にあったとして非難して脱退しました。

 

バイデン新政権になり脱退を撤回していますが、テドロス事務局長の「中国寄り」に各国が足並みを揃えて批難を始めたので理由を調べてみます。

 

 

 

台湾のWHO参加問題

新型コロナウイルスによる感染症の抑制に成功した台湾が世界保健機関(WHO)から排除されている問題は、協調より米中、中台対立が幅を利かす国際社会の矛盾を浮き彫りにしています。

 

中国が

「台湾は中国の一部である」とする「一つの中国」原則を掲げて断固反対しているのが実態であり、日米欧の主要国は台湾のWHO総会への参加を支持する声が、すでにありました。

 

台湾の蔡英文総統は2020年5月総会の台湾オブザーバー参加を拒否されたことについて「WHOは(中国の)圧力を受ける中で、わが国の参加を再び拒否した」と非難。

 

中国の立場からすると「一つの中国」原則を揺るがしかねない台湾の成功は、中国から距離を置く蔡英文政権を認めることになるので、参加を許さない理由です。

 

 

ブリンケン米国務長官 声明

ブリンケン米国務長官は7日に声明を発表し、台湾を世界保健機関(WHO)総会から除外する「正当な理由が見当たらない」と指摘。

引用元:台北中央社

 

新型コロナウイルスパンデミックを抑制に成功した台湾排除は、将来的な健康危機を防ぐための国際的な取り組みに悪影響を及ぼす。と強調して、総会に台湾をオブザーバー参加させるようWHO事務局に要請したと伝わっています。

 

 

 

アメリカは現WHO事務局長、組織が

『親中』であることを十分に理解して、テドロス氏に「踏み絵」を迫っているのがわかります。

 

ブリンケン米国務長官の声明は

WHOが欧米以外で開発されたワクチン
信用性が非常に低いと指摘される中国「シノファーム」製薬を承認した同日になります。

 

テドロス氏の「台湾の総会参加」を簡単に受け入れる拒否は

すなわち

 

欧米諸国の非難の高まりにつながり

 

 

来年の次期事務局長選を見据えて
「WHOの幹部の交代」も求めるだろうと

拓殖大学海外事情研究所所長、川上高司氏は指摘していました。

 

 

東京五輪開催 希望

世界保健機関(WHO)で緊急事態対応部門を統括するマイケル・ライアン氏は7日、今夏の東京五輪の開催を望んでいると表明した。また、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を巡るリスクが高まっているため、大会形式に関する判断の多くは直前になるとした。

引用元:ロイター

 

菅義偉首相は会見で、感染対策を徹底することで安全・安心な大会実現は可能との考えを示した。と日本の立場はしっかりしていますが、WHO が五輪開催を望んでいるとは気持ち悪い発言ですよね?

 

ライアン氏は記者会見で「五輪開催がわれわれの希望だ」とし

「国際オリンピック委員会(IOC)、開催都市である東京、日本政府がリスクをどのように管理するかについて正しい判断を下すと確信しており、リスクを確実に管理するために現在、懸命に取り組んでいる」と言及。

 

かねてより Koduck は東京五輪開催を希望している考えに変わりありませんが

 

 

それでもインドのパンデミックをはじめ
ブラジルの貧困を調べた記事を書いた今としては

 

国際オリンピック委員会が正しい判断を下す時期にあると思い直しています。

 

 

テドロス 再選意欲示す

医療専門メディア「スタットニュース」が

WHOのテドロス事務局長に再選意欲があると報じたことで、世界中から猛反対の声が上がっている。

辞任を求める声が多い中、まさかの再選意欲を示したことに世界中から「ふざけるな!」「再選したら国連はもう終わり」「テドロスが再選するなら、もうWHOはいらない」などの声が噴出している。

引用元:東スポ Web

 

おバ〇なんでしょうか?

 

誰にも頼りされず
マイナスの実績しか残していないのに

 

 

「これだけ批判の声が大きいテドロス氏を再選させれば、WHOへの最大資金拠出国である米国の国民が許さない」と在米ジャーナリストも伝えています。

 

東京五輪開催の有無についても
オリンピック費用を捻出した訳でもないのに、言及する必要があるのでしょうかね?

 

 

WHO は「全ての人々が可能な最高の健康水準に到達すること」を憲章第1条に掲げて

 

人種、宗教、政治的信念又は経済的若しくは社会的条件の差別なしに万人の有する基本的権利の一つである。と理念を説明しているならば

 

世界の健康だけを第一に考えていればいいと思います。

 

 

 

おわりに、、、はありません。

 

 

おバ〇なの?

がまとめになります。

 

 

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

作成者: koduck366

シニア世代の自由を求めたポンコツオヤジ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中