【韓国】与党 次期大統領候補、どの福祉政策が一番「お得?」

こんにちは、Koduck です。

 

 

韓国与党「共に民主党」大統領候補が公式出馬する前から、有権者に取り入る得票戦略としてバラマキ福祉政策を競争的に出している。

と【中央日報】の社説を引用してお知らせします。

 

 

 

 

丁世均(チョン・セギュン)前首相は先月29日、光州(クァンジュ)で青年に1億ウォン(約980万円)を支援しようという破格的な案を提示した。出生時から国家が20年間資金を積み立てて社会人になった時に1億ウォンを支援するやり方だ。名称は「未来の種通帳制度」という。

 

 

両親から受け継ぐ資産のない青年たちのために国家が直接資産を形成して渡すという「社会的相続」という概念を掲げ、一見すると非常にそれらしくみえる。不平等問題の解決を喫緊の課題に挙げてきたフランスの学者トマ・ピケティ氏の「基本資産」からアイデアを得たという。

 

20歳の誕生日に約1千万円
国から報奨金がもらえると考えていいのかな?

 

条件は両親が貧乏で、受け継ぐ資産がない…
どうやって判断するか知りませんけど

 

素晴らしい、、、
不平等問題の解決方ではないですか、

 

 

李在明(イ・ジェミョン)京畿(キョンギ)知事は毎月20万ウォンから始まって50万ウォンに増やしていく全国民基本所得を提案している。

 

 

韓国ギャラップでは世論調査支持率トップであり、いま大統領に最も近い男と評判です。

 

破綻寸前の城南市市長に当選すると
市の財政を立て直すなど

その行政手腕は市民から高い評価を受けていますが

 

反日姿勢が最も強い人物です。

 

全国民に20~50万ウォン(約2~5万円)を段階的に基本所得を増やす政策とは…

 

日の出る国から、何らかの理由の多額賠償金でも入る予定なのでしょうか?

 

 

李洛淵(イ・ナギョン)前民主党代表は新福祉構想を打ち出した。所得・住居・教育など8大生活領域で適正水準を達成する政策だ。

 

前の首相だったので記憶にあると思いますが

 

児童手当の支給対象を満18歳未満に拡大することを柱に

あらゆる面で最低水準の暮らしを保証し
2030年までに中間層にふさわしい基準に引き上げると

国会で演説しています。

 

福祉は、財政状態と合理的な対象者選びがカギだ。だが、彼らは財源調達に対しては言葉少なだ。

 

すでに現、文在寅政権でバラマキ福祉が乱発されているので国家の蔵はすでに底をついて久しいと中央日報は伝えています。

今年の福祉予算は200兆ウォンを超えています。

 

国と青年の未来を考える政治家なら、企業投資活性化と青年雇用創出に対して実質的な対策を用意することが政治家の責務ではないのか。無料福祉は勤労意欲を低下させる麻薬という警告にも耳を傾けてほしい。

 

引用元:中央日報

 

 

 

 

 

日本政府が福島第一原子量発電所の処理水を海洋放出決定した結果

 

4月20日に韓国大学生進捗連合の大学生34人が日本大使館前で、団体剃髪を通じて抗議のメッセージをしていました。

中にはロングヘアの女性学生もいたと伝えられています。

 

 

次期大統領候補のバラマキ福祉政策に
簡単に乗らないことを心配します。

同調圧力で右にならえ!ってなりそうですが…

 

 

日本でも過去に政権交代を実現した政党の
できもしない夢物語の政策にのってしまった国民がいました。

(机上の理想論ばかり…でした)

 

結局、ほぼ何も実現する事なく終わった政府の時代がありました。

 

失望と大きな反省を忘れていません。

 

 

 

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

作成者: koduck366

シニア世代の自由を求めたポンコツオヤジ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中