島根県「聖火ランナー」どうなった? 聖火リレーは必要か?

こんにちは、Koduck です。

 

島根県、丸山達也知事が
聖火リレーの中止を検討していた件

 

その後どうなった?と気になったので調べてみます。

 

 

聖火リレー中止 島根の乱

3月5日

新型コロナ対策が不十分だとして、島根県の丸山達也知事が東京五輪の聖火リレー中止を検討すると表明し、2月下旬に上京して政府などに説明して回った。五輪開催にも反対だという。感染者が少ない島根がなぜ東京の五輪に異議を唱えるのか。

と【朝日新聞デジタル】が報じていました。

 

 

島根県庁には県民の300件以上の反響が寄せられていました。

 

 

丸山知事の発言に対し好意的な内容が約7割

「県民の命を守ろうとする真摯(しんし)な英断」
「政府と地方の温度差がみえる」といった分析もみられました。

 

 

 

中国地方の他の4県知事も声明を発表して

丸山島根県知事の心情に一定の理解を示すものの
聖火リレーの中止検討への賛否を問われると

 

「それぞれの知事の判断だと思う」と広島県湯崎知事
「感染状況や、聖火リレーが実際に始まるかどうかを見極めなければならない」と鳥取平井知事
「(東京での感染防止策が足りていないことに主眼に)動向を注視したい」と山口県村岡知事
「徹底した感染防止策を講じ、適切に準備を進めたい」と岡山県伊原木知事が

と2月17日の取材で答えていました。

 

 

 

島根県丸山知事の新型コロナ対策が不十分の発言は

・感染防止ガイドラインが不十分なのでしょうか?
・地元の飲食業界の窮状に政府支援が不足としているんでしょうか?
・聖火ランナー、ボランティアスタッフへの心配なのでしょうか?

 

 

2月17日の第6回実行委員会で次の声明を発表していました。

「首都圏における新型コロナウイルス感染症拡大が進んでおり、その対応が改善されない中では、夏の東京オリンピック・パラリンピックの開催には賛同しかねる。」

中略

実行委員会は、聖火リレー実施の可否を判断する組織ではなく、実施するにはどのような対策や対応が必要か検討するものです。安全・安心して聖火リレーが実施できるよう、速やかに「ガイドライン」が策定・提示されることを願っており、実施に向けて引き続き万全の準備体制を維持することを確認。

島根県HPより

 

話が前後してしまいましたが

「改善」されないことには「反対」
聖火リレーの実施判断は実行委員会ではなく県庁に権限があることがわかりました。

 

 

 

島根県 飲食業界

島根県丸山知事が聖火ランナー中止検討を表明した2月の下旬のころの飲食業界を調べてみます。

 

首都圏などで2度目の緊急事態宣言発令
感染の「第3波」が全国的に飲食店を中心に売り上げは例年の半分以下に落ち込みました。

 

しかし感染者が少ない島根県は
宣言の対象に当てはまらず時短営業の要請がありません。

 

時短営業の要請に応じた店にでる1日4~6万円の給付金(1兆円の国家負担)の支援が受けられていないのが不公平ですね。

 

県飲食業生活衛生同業組合によると

市中心部の繁華街には少なくとも約600の飲食店がある。
「100店舗以上が休廃業に追い込まれた」

 

と訴え、持続化給付金など資金繰りを支える既存の制度では補い切れない窮状に「政府に放置されている」と強調しています。

 

政府は、時短営業を要請した31都道府県に対し、「協力金」の財源として、臨時交付金を追加配分している。この「協力要請推進枠」は、2月24日時点で総額約2兆900億円。だが、島根を含む16県に予算措置は一切なかった。

 

 

 

丸山島根県知事は聖火リレーの感染症対策への疑念と
地方の声」が届かないことに注目を集めたかった、世論に訴えたかった

駆け引きがあったのでしょうか?

 

スポンサーリンクhttps://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

 

聖火リレー 走るよ

4月6日

大会組織委員会を訪れ聖火リレーの規模を縮小することなどを申し入れました。丸山知事は一定の回答が得られたとした上で「聖火リレーの中止は県民のプラスにならない」として、島根県内での聖火リレーを実施する考えを示しました。

引用元:NHK

 

あれ?走っちゃうんですね?

 


出典:NHK

 

4月から徐々に感染者数が増えていましたが…

 

 

 

5月12日

15、16日に迫った
東京五輪島根県での聖火リレーについて

丸山島根県知事は12日の定例会見で

 

県内での聖火リレーについて「予定通り行う」と発表。

また、「記憶に残る聖火リレーであってほしいし、見る方々も半世紀に一度あるかないかですから、楽しんで頂きたい。」と述べてます。

 

少し支離滅裂に読み取りますけど…

 

 

おわりに

聖火リレー中止を検討する発表で騒がれましたが

背景に島根県は新型コロナ感染が少ない実績があるのに
(理由はわかりませんが)

 

県内(飲食)産業の支援を駆け引きにしたかったのでしょうかね?

 

そもそも聖火リレー自体が
ナチスドイツが宣伝目的でヒットラーが始めた事

 

ロスアンゼルスオリンピックで商業化として拡大したのは、以前記事に書きました。

 

 

日本全国を新型コロナ感染拡大の危険を心配されるなら
聖火リレーをしない選択はなかったのですかね?

 

ギリシャの火を
(歴代アスリートの代表)聖火ランナーが競技場で点火するだけではダメなの?

 

 

ボランティアを用意する人材派遣会社への費用も削減できるし
(ボランティアには実質、支払われる金額は知れたものでしょうし。記念品贈答の費用ぐらいか?)

 

 

そもそも「政府に放置されている」と国に不公平感を訴えるなら

 

地元国会議員が仕事をしていないのではないのでしょうか?

 

 

 

知らんけど…。

 

 

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

作成者: koduck366

シニア世代の自由を求めたポンコツオヤジ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中