【中国】脳内に寄生虫いっぱい。日本食が原因?

こんにちは、Koduck です。

 

フランスメディア「rfi」中国語版によると

中国の男性2人が頭痛に悩まされ
病院で精密検査の結果

 

脳内から寄生虫が見つかった。

 

脳内に寄生虫が生息できるの?
原因はなに?

などを調べてみます。

 

 

頭痛の種が寄生虫

フランスメディア「rfi」中国語版によると、四川省成都市の30歳男性と40歳男性が頭痛に悩まされて病院で医師の診断を受けたところ、脳内から寄生虫が見つかったという。医者によると2人は生肉や刺身をよく食べており、寄生虫の卵が血液を通じて脳へ侵入したのではないかとしている。

 

 

と引用元:【COURRIER】が伝えています。

 

記事は続けて

 

中国メディア「紅星新聞」は、さまざまなスタイルの日本料理店が町のあちこちにみられるようになったことが原因のひとつだろうと指摘。衛生面の問題だと思われるが、同メディアはそれらの日本料理店が食通たちのお目当てのスポットになっていることが今回の問題につながった、と報じているのだ。

 

日本料理店が中国でも人気があるんですね、

 

30歳代の男性と思われる人は

何度か日本料理店で刺身を食べたり
“酔っ払いエビ”を食べたりした後に

 

脳の中に寄生虫が見つかった。

寄生虫が棲みついたことで、彼はいつも頭痛に悩まされていたと伝えています。

 

 

“酔っ払いエビ”とは聞きなれない料理ですが、どんな料理なのでしょうか?

 

クックパッドのレシピの一つの説明では

材料。活きエビ、紹興酒 1カップ
しょうゆ、生姜、ニンニク、香菜、卵(黄身のみ)

 

上の調味料を混ぜた容器の中に、軽くゆすいだ活きエビを入れて
おとなしくなったら冷蔵庫に1晩おいておくだけ。

あとは卵の黄身を混ぜて、好みにあわせてネギを散らす。

 

ここは白飯ではなく、白酒(パイチュウ)でグビッと呑むべし!

と説明されていました。

 

 

活きエビですが冷蔵庫で一晩寝かしたぐらいでは、寄生虫は死滅しませんね。

 

 

そもそもエビの寄生虫って

海産物で有名な寄生虫アニサキスのこと?

 

エビはお寿司でも人気のありますから、心配になります。

 

 

調べてみますと

エビにはアニサキスは寄生しないとされています。

 

アニサキスは甲殻類や貝類に寄生しないと言われており
エビについてはアニサキスを心配する必要はありませんでした。

 

 

 

では脳内の寄生虫は何だったのでしょうか?

 

 

スポンサーリンクhttps://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

 

嚢(のう)虫症

先の男性は MRI 検査の結果

脳内に3匹の寄生虫が見つかった。

 

彼は「頭痛のはじまる前に何回か刺身を食べた。タニシも好んで食べる」と証言しています。

 

しかし調べてみた結果、寄生虫と活きエビや寿司との因果関係はみつかりませんでしたよね

 

 

一番疑われるのが嚢(のう)虫と呼ばれる寄生虫で

 

主にブタに寄生する有鉤条虫が寄生して起こる寄生虫症が知られていました。

 

 

ラテンアメリカやアジアの不衛生地域で多く確認され
嚢虫は、筋肉、目、脳など体の様々な部位に寄生。

 

脳にまで寄生すると脳水腫などを引き起こし、死に至ることもあります。

引用資料元:エーザイ

 

 

サナダムシ

同じ記事の中に40歳代の中国人が
刺身や干し肉をよく食べていた習慣があり

 

同じように脳内には多数の寄生虫が密生していたことに

医師は「まるでゴマクッキーのようだった」と証言しています。

 


出典:Newsweek

 

脳を検査したところ、脳に数百匹のサナダムシがいたことが

2019年11月の Newsweek 記事で見つけました。
つまり転載していたのを発見しました。

 

申し遅れましたが、お食事中の方は閲覧注意です。

 

 

以上の脳感染症は

発展途上国や農村地域の不衛生地域でよくみられる症例で

主な原因はブタ肉からの感染だったことがわかりました。

 

 

スポンサーリンクhttps://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

 

生食文化

そもそも外国では生卵をはじめ

生食をしない食文化の国が多いことは知られていますよね。

 

生卵だけはなく、お刺身もそうでした。

 

海外では食中毒のリスクを懸念して
もともと生食習慣がないことが主な理由として挙げれていました。

 

衛生管理や品質管理が十分に整っている日本ならではの習慣…

 

だと思っていたら
イタリアのカルパッチョ、フランスのカルボナーラ、韓国のチェなどあり

香港、シンガポール、台湾などは日本が生卵を輸出していました。

 

 

 

おわりに

日本料理が一因で…

 

脳内に寄生虫が見つかったと報じていましたが

 

日本料理と“酔っ払いエビ”の関係がわかりません。

(酔っ払いエビは紹興酒を吸わせて酔っぱらわせて作ることから
中国料理が発祥と思わるますけど、、、)

 

 

調べてみて“エビ”も“刺身”も関係ありませんでしたね。

 

 

問題は生食に適していない地域
もしかしたら衛生管理の行き届いていない地域の

 

 

不十分な調理法による(ブタ)肉からの寄生虫感染だと疑われます。

 

 

日本とエビは何だったの?

フランスメディアに中国版として掲載する意味はなに?

 

 

 

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

作成者: koduck366

シニア世代の自由を求めたポンコツオヤジ

2件のフィードバック

  1. サナダムシって脳にも寄生するの、それは怖い!
    アニキサスの予防でイカの刺身はよく噛んで食べましょうなんて言われてるけど、イカは3回噛んで飲み込むのが旨いんだけどな~
    当方が飼ってるの腹の虫はお昼が近づくとグーグー鳴いてます(笑)

    いいね

    1. Goodpowerさんへ
      拾い食いしているの?
      で、なければサナダムシは栄養の多い腸内から出ることはないとのことなので
      栄養分が少ない脳内に移動することはないみたいですよ(毒)
      中国国内の物流も調べるとスゴイことがわかりますよ。
      たぶん、ビールや鮮魚も常温で出てくるんじゃあないですかね?

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中