お年寄りにワクチン接種予約サイト難しい、シニア世代のスマホ普及率など

こんにちは、Koduck です。

 

新型コロナウィルス大規模ワクチン接種がネット予約を開始して高齢者の一部が混乱しているようですね

 

システムの障害や電話がパンクするなど
トラブルや予約システムの問題も明るみになってきているようですが

 

かたやインターネット予約に困っている高齢者の声を聞くので

 

高齢者のモバイル端末事情を調べてみます。

 

 

 

スポンサーリンクhttps://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

 

 

大規模接種、ネット予約開始

首都圏4都県と関西3府県を対象に
自衛帝が運営し24日から

東京、大阪に開設する高齢者向け新型コロナウィルスワクチンの大規模接種センターの予約受付が17日始まった。

防衛省ホームページや通信アプリの LINE から専用ページに入る

引用元:共同通信

 

電話では予約は受け付けず、問合せ専用窓口を後日に設けています。

 

ひとつの理由に全国の自治体で電話予約が殺到し、回線がパンクするのを防いだり、職員の負担を少なくするのが目的と考えれらます。

 

またワクチン数の管理、ワクチンを無駄なく接種するために重複予約やキャンセルが容易に管理できるものと考えているからと思います。

 

 

会場では地元自治体から配布された
接種券や予診票

本人確認のための身分証明書

が必要になりますが

 

防衛省が民間企業に委託して運用している今回の予約システム

自治体が持つ住民の個人情報を民間企業に提供することがないとの説明があるとおり

 

LINE 公式アカウント経由で登録した情報も LINE社のサーバーには一切、予約した情報が保存されないことになっていたのが調べてわかっています。

 

ここまで難しい個人情報管理の話なので
正直、しっかりと理解はしていないかも知れませんが

 

今回の調査はワクチン接種ネット予約ではなく

ネットに困っている高齢者にスポットを当ててみます。

 

 

スポンサーリンクhttps://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

 

高齢者 スマートフォン利用率

モバイル専門のマーケティング機関として運用している

MMD研究所の資料を参考に調査結果を見てください。

 

 

予備調査で60歳~79歳の男女10,000人、本調査では60歳~79歳のスマートフォン所有者500人とスマートフォンへ乗り換え検討しているフィーチャーフォンまたはガラホ所有者500人に、2020年7月22日~7月26日の期間で「2020年シニアのスマートフォン・フィーチャーフォンの利用に関する調査」を実施。

 

 

その結果

高齢者のモバイル端末所有率は 92.9%

うちスマートフォン 77.0%
フィーチャーフォン 17.3%

 

フィーチャーフォンとは何だっけ?と思ったら一つ前の世代の携帯電話でした。

 

 

新型コロナ流行の外出自粛期間などで新しく始めたこと、習慣・行動は

「オンラインショッピング」
「家族・友人との音声通話」
「ゲーム」などが続いています。

 

 

Koduck の周囲にいた方も

集会、お教室、会議などに Skype や ZOOM を活用している人に驚きました(まだ企業ですら約半分ぐらいの使用率の時期でしたから)

 

 

スマホ所有のきっかけは

「地図・ナビゲーション利用」
「LINE利用」
「災害時に持っていたほうがいい」

身近な生活を便利にするためには年齢関係ありません。

参考・引用元:MMD研究室

 

 

つまり高齢者(シニア)に「スマホは使えない」は少し古い考え方なのかも知れないと反省することもありますが

 

ワクチン接種の予約が難しいの声とは、どんなのでしょうか?

 

 

 

 

ワクチン接種予約サイトが難解

政府公式サイト
(防衛省HP、その他 首相官邸、内閣官房、厚生労働者HP)からアクセス

■正しいアドレス
東京センター: https://www.vaccine.mrso.jp/
大阪センター: https://info.vc-osaka.liny.jp/

 

⇧段階でも通話やショッピングなどを主目的にスマートフォンを使用している高齢者には難解かも知れませんが、頑張って次に進んでみましょう。

 

東京センターで予約する
のボタンを押すか

 

LINE予約のQRコードが出てきました。
(こちらは東京センターの予約QRコード)

 

>そもそもQRコードの読み方がわからない
普段使う機会の少ないQRコード読み取りアプリを見つけるのは Koduck にも至難です。

>読み取ってダウンロードしたが「どこを押せばよいかわからない」
予約ボタンを押すと「Web予約サイトにリンクします」の“リンク”ってわかるのかな?

>メールアドレスが必要と認識しておらず、メールアドレスを探すのに手間取った。
申し訳ありません…としか言いようがないw

 

 

おわりに

65歳以上から優先ワクチン接種

 

周囲にスマホの使い方が得意な人がいれば問題もないことも考えられますが

万人、必ず補助してくれる人が近くにいる環境でもない。

ましてや補助してあげる人でも機種が違うだけで操作に苦労するのは普段スマホを使い慣れている人でも同じでしょう。

 

高齢者を理由に
スマホを使えないと想像するのは

間違えていました。

 

 

コロナ禍感染予防の一つの恩恵として
スマホの普及が増えていたからです。

 

しかし日本で初めてと思える
大規模なワクチン接種の政策に

誰もが戸惑い、問題がみつかるのは
仕方がないとも思います。

 

 

きっとSARS(重症急性呼吸器症候群)を克服した、例えば台湾のように

次にある感染流行の時には、もっと上手く解決できるはずだと期待しております。

 

 

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

作成者: koduck366

シニア世代の自由を求めたポンコツオヤジ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中