富の象徴。2億円チベタンマスティフを買った人物、飼育のあれこれ、費用について

こんにちは、Koduck です。

 

世界一高額で超大型犬の
純血チベタンマスティフが約2億円で
買い取られたニュースがありました。

 

チベット高原で牧羊犬や番犬として
飼育されてきた超大型犬

 

どんな犬なのか、
なぜ超高額で取引きされるのか

調べてみましょう。

 

 

 

約2億円のチベタンマスティフ

【AFP通信】によると

犬の売却額としては世界最高の
1200万元(約2億円)で

超大型犬のチベタンマスティフが中国の不動産開発業を営む男性に売られたと報じています。

 


出典:AFP 通信

左のチベタンマスティフが約2億円で販売された個体

 

 

3月19日の中国紙・銭江晩報(Qianjiang Evening News)によると、体重90キロにもなる1歳のチベタン・マスティフを購入したのは、不動産開発業を営む男性。

同じ見本市では別のチベタン・マスティフも600万元(約1億円)で売れたという。

引用元:AFP 通信

 

実は2014年に取引きされた記事でした。

 

当時、チベタンマスティフの純血種は
世界にたったの200頭しか存在していない希少犬でしたが

 

その後、北京郊外に次々と養犬場がつくられ、2万頭以上が市場に出回ります。

 

「もともとこの犬種は獰猛な性格で、一般家庭で飼うのは難しいんです。しつけ不足で飼い主や通行人を襲ったり、小型犬を噛み殺してしまう事件が頻発し、法律で一般家庭での飼育が一部地域で禁止されました。

と説明もあるとおり

 

 

一般家庭で飼うのが難しいこともあり、供給過多で数年前に流行が廃れてしまったことがわかっています。

 

 

それでも、今でも100万~数千万円で販売されています。

 

買い取った人物は

青島市に住む56歳の不動産開発業者で

 

中国ではチベタンマスティフを所有することは「富の象徴」であり

最新の車や贅沢なマンションに住むのと同じステータスと考えられているようです。

 

 

スポンサーリンクhttps://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

 

チベタンマスティフ 性格

大昔にチベタンマスティフが
オオカミから遺伝子を譲渡されたと研究結果もある彼らは

 

主人への忠誠心が強く
外敵に対しては勇敢に戦う犬種。

そのため番犬、護衛犬、ときには軍用犬としても活躍していたのが解っています。

 

しつけが不十分だと
手に負えなくなってしまう
危険もあるとのこと…

 

古代犬として仲間に

ナポリタンマスティフ

 

イングリッシュマスティフ

 

ボルドーマスティフ

 

スパニッシュマスティフ

などがいました。

 

いずれの子も「闘犬」や「番犬」などで
活躍していることから、野生に近い犬種ではないかと思います。

 

 

チベタンマスティフの基本情報は

体  高  61~72㎝
標準体重  64~82㎏

と大型犬の中でも特別に大きいことが知られています。

 

引用元:https://pepy.jp/7351

 

 

 

スポンサーリンクhttps://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

 

チベタンマスティフ 飼育費用

超希少犬種で超巨体のチベタンマスティフを飼育するのにかかる費用は、どのくらいなのでしょうか?

 

成長が遅く

成犬になるまでに男の子で4年、女の子で2~3年かかるといわれています。

平均寿命は10~12年ほど、

 

 

チベタンマスティフにお勧めのドッグフード
「カナガンドックフード(1.8㎏3960円)で計算したサイトによると

 

食費代は月におおよそ42,000円
年間の費用は、しつけやおやつ代を含めて

約54万円は必要になるそうです。

 

 

平均寿命を考慮すれば

生涯に約600万円以上の支出を覚悟しないといけない計算になりますね

 

 

これは確かに

「富の象徴」と騒がれるのにも納得します。

 

 

特大サイズのチベタンマスティフ

平均体重が80㎏前後もある超大型犬のチベタンマスティフを紹介してきましたが

 

世の中には超大型犬の特大サイズも存在していたのが話題になっていました。

 

TikTokユーザー、エイドンコールさんの飼っているチベタンマスティフは、重さは136キロ‼‼

 


出典:https://karapaia.com/archives/52301935.html

 

 

ちなみにジャイアントパンダ(約100㎏)より大きいと説明されています。

 

車で出かけるのに自力で乗車できず
飼い主の介護?が必要とされる姿は、微笑ましいのかな?w

 

いや~

 

誰か着ぐるみに入っているよねw

 

 

おわりに

本物のパンダが本気で喧嘩している姿も話題になっていたので

あわせてお知らせし、終わりにします。

 

 

 

 

こっちは本物の着ぐるみです。

 

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

作成者: koduck366

シニア世代の自由を求めたポンコツオヤジ

2件のフィードバック

  1. 富豪と呼ばれる方々にとって2億なんて小遣い程度なんでしょうね。
    多分飼育係を雇っているだろうから噛んだりしないんだろうな。
    それより、養犬場で2万匹って中国だね~

    いいね

    1. Goodpowerさんへ
      2億円の犬が住む犬小屋って、どんなのでしょうかね?
      売れ残った犬が食べられちゃう心配の方がスケール大きいです(怖)

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中