少林寺サッカー? 韓国のフットサルはテコンドーサッカーです。

こんにちは、Koduck です。

 

何かと騒がれる韓国サッカー

悪質な反則やラフプレーに自国メディアも
呆れる報道を時々しますが…

 

 

これは「韓国版少林サッカー」と

本場、中国も呆れていたフットサルの試合を
【Record China】が伝えていました。

 

 

 

 

驚きの試合をRecord China 記事を引用して
最後に動画をお見せします。

 

殴って蹴って踏みつける!
韓国のフットサル試合で衝撃の乱闘騒ぎ=ネット「格闘技?」「韓国版少林サッカー」

 

2021年5月17日、韓国・ニュース1は、韓国のフットサルリーグ・FKリーグの試合中にスポーツ精神に反する最悪の乱闘騒動があったと伝えた。

記事によると、京畿道坡州市のナショナルトレーニングセンター(NFC)で15日、高陽BULLSフットサルクラブと堤川FSの昇格プレーオフが行われた。高陽が7-4で勝利し残留に成功したが、終盤の乱闘騒ぎにより「後味の悪い」試合となったという。

試合は3-3の同点で進んでいたが、終了間際に高陽が立て続けにゴールを決めた。ピリピリとしたムードが漂う中、焦った堤川の選手は足を高く上げて相手選手の太ももの辺りを強く蹴り飛ばしたという。蹴られた選手はコートの外に倒れ込んだ。

引用元:Record China

 

主審はすぐに同選手に退場を宣告。

 

高陽BULLSの選手たちはすぐさま抗議し、両チームの選手らはもみ合いに。

その際、堤川のある選手は抗議する高陽の選手の顔を拳で殴った。

 

さらに、退場を命じられた堤川の選手が、太ももを蹴られてコートの外に座り込んでいた高陽の選手の手をわざと踏みつける場面も見られたという。

 

 

 


出典:Yahoo! ニュース

 

 

ネットユーザーの反応をご覧ください。

 

「フットサルがこれほど危険なスポーツだと初めて知った」

「フットサル選手なのか、組織暴力団なのかわからない」

「スポーツ精神はどこへ」

「格闘技の試合を見ているのかと思った」

「この世で最も醜い負け方」

また「堤川の選手の荒いプレーも問題だが、審判が危険なプレーを何度も見逃していたことも問題だった」と審判の責任を指摘する声も上がっていると伝えています。

 

 

スポンサーリンクhttps://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

 

大丈夫です。

いつもの韓国、通常運転です。

問題ありません。

 

堤川FSの関係者はFacebookの掲示文で「高陽ブルズの選手団の方々に身体的、精神的な被害を与えて心から申し訳ない。今回のことでチームでは8番、14番、21番の選手のリーグ選手永久剥奪の懲戒処分を下し、韓国フットサル連盟の懲戒に従って措置を取る」という立場を明らかにした。

 

よくあることです。

 

 

それでは動画をご覧ください。

 

 

 

次からテコンドーの試合には
防具を付けて参加しようね

 

 

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

作成者: koduck366

シニア世代の自由を求めたポンコツオヤジ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中