バイキング、中条きよし 河野恵子さんの出版に物言う

こんにちは、Koduck です。

Koduck はテレビをほとんど見ませんが

フジテレビ系「バイキング」(月~金曜・前11時55分)に時々、俳優の「中条きよし」さんがコメンテーターとして出演し、共感できない発言ばかりするので人物なりを調べてみました。

今回は元アナウンサーの河野景子さん(54)が上梓した著書「こころの真実 23年間のすべて」(世界文化社)で元貴乃花親方と離婚した理由などを赤裸々に書いたことを批判した発言内容をもとに Koduck の感じたことを書いていきます。

スポンサーリンク

1 中条きよし wiki

名前:中条 きよし(なかじょう きよし、1946年3月4日 )

職業:日本の歌手、俳優。

出身:岐阜県岐阜市。

所属:マネジメントはエクセリング。

1973年、オーディション番組『全日本歌謡選手権』に出場。
10週勝ち抜きのグランドチャンピオンとなった。

審査員の作詞家・小説家の山口洋子の後押しで、審査員だった作曲家・平尾昌晃らの命名により芸名を中条きよしに変え、山口が作詞し平尾が作曲した演歌「うそ」で1974年1月、キャニオン・レコードから3度目のデビュー。

150万枚を超えるヒットを記録し、この年の第16回日本レコード大賞の大衆賞などの音楽賞を受賞。

もともと中条は役者志望で、1981年に時代劇必殺シリーズ『新・必殺仕事人』に、闇の殺し屋集団「仕事人」チームの一人、「三味線屋の勇次」役でレギュラー出演した。

引用元:Wikipedia

左:中条きよし氏  右:坂上忍氏 出典:バイキング

時代劇なんて最近放映されていませんよね

若い人には何をしてきた人か想像もつかないことでしょう。。

2 中条きよし 妻子は?離婚は?

1974年大ヒットした演歌「うそ」で再デビューした当時は
「独身」のふれ込みでしたが、

後に若い頃 結婚、男の子が一人いることが判明。
一度目の離婚の時期は不明です。

が、二度目の結婚(再婚)して、やはり男の子が誕生するも1975年には離婚。

1977年 31歳の時に隠し子がいることを週刊誌で報じられる。
当時29歳だった元女優Yさんが女の子を出産。

元女優Yさんとは半同棲期間があったものの、男女の関係は一度だけと主張、その後の毎月仕送りも数か月で打ち切り。

1978年 歌手の「高山ひろ子」さんと三度目の結婚。
1988年 離婚。

1989年 四度目の結婚。元歌手で今は祇園の高級クラブのオーナーマダムと現在に至る(推測)。

引用元:アスネタ抜粋

女遊びは〝芸の肥やし〟と言われていた時代かも知れませんが
ずいぶんと無責任な人生にみえます。

3 河野恵子 著書にコメント

元貴乃花親方と2018年に離婚した河野恵子さん著書「こころの真実 23年間のすべて」(世界文化社)について

番組バイキングの中で、中条きよしさんがコメント

「ふざけているよね。どこで離婚しようが何しようが。
どこの家庭もみんなそうなんだろうから。

男と女は、結婚しようが恋愛しようが同棲しようが好きなところがあって結婚したり同棲するわけだから、別れたら、別れたで、生意気言うわけじゃないけど、相手だって再婚するわけだし結婚するわけだし、家庭もあることになるわけだし、こんなことを後々、本にして書く必要性がない。なんで書くんだって」

スタジオでは大相撲という特殊な世界に嫁いだことへの苦労などを議論したが中条は、

「他の横綱の奥さんもいるし、他の関取の奥さんもいっぱいいるわけですよ。
その人たちがこれを全部やりだしたら大変でしょ」と示し、「この人たちの世界だけじゃなくて大変な世界ってもっとあるわけでしょ。

それがこういうことがあったからって全部、世間に知らせなきゃいけないって、オレの中では分からない。正直言って」

引用元:スポーツ報知

口語にしても、わかりにくい説明に Koduck は思います。

4 まとめ

4度も結婚したこと、別に気になりません。

「幸せ」を求めて、本物の「幸せ」が次にあったと誇大解釈したとしましょう。

しかし「中条きよし」さんの結婚・離婚経歴、理由を想像して

すべて自分を中心にした人生にみえます。

相手の人生を尊重して、相手の人生を踏みにじるなって

綺麗ごとの発言に聞こえるのは Koduck だけでしょうか?

そんな人格者が他人の人生に意見できるのが不思議な発言内容。

と、言うより何言っているのか意味不明ですw

昔の銀幕スターってかっこよかったし、今でもかっこいい!

(他の俳優さんの事ですよ)

生き様が顔にも出るので

多くの女の子を泣かす koduck も気を付けようと誓ったのであります。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

ポチっと押してね!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。