内田裕也の男気に魅せられた芸能人、ミュージシャン達

こんにちは、Koduck です。

日本のロック界の重鎮

内田裕也さん(享年79)が2019年3月17日に肺炎で亡くなったけど

未だにシェケナベイビィ~って、現れそうな気がしています。

Koduck も同じですが、内田裕也さんは何をした人なの?
と疑問に思っている人が多いはず

多くの男たちが魅せられた訳について調べてみます。

内田裕也さん

内田 裕也(うちだ ゆうや、1939年11月17日 – 2019年3月17日
本名は内田 雄也(読み同じ)

ミュージシャン(元渡辺プロダクション所属)、俳優。

身長174cm。

1960年、かまやつひろしなどとサンダーバードへ参加/脱退
レッド・コースターズ、ダブル・ビーツ、ブルージーンズなどのバンドを渡り歩く。

1963年『素晴らしい悪女』に映画初出演。
1965年公開の『エレキの若大将』に勝ち抜きエレキ合戦の司会者役で出演

1966年6月のビートルズ日本公演で
尾藤イサオとのツインボーカル、バックにジャッキー吉川とブルーコメッツ、ブルージーンズを従えた特別編成のバンドで前座として出演。

大阪のジャズ喫茶でザ・タイガースをスカウトする

1973年 女優・樹木希林さん(享年75)との結婚

1977年 大麻取締法違反の疑いで逮捕
2011年 交際中の女性に復縁を迫ろうと、強要未遂と住居侵入の疑いで逮捕

など3度の逮捕歴、

1991年 都知事選出馬

2018年9月15日 妻の樹木希林さんと死別

2019年3月17日 肺炎のため東京都内の病院で死去

…波乱万象な人生を送ってます。

交友関係

白竜、シーナ&ザ・ロケッツ、THE NEWS、石橋勲BAND、PANTA、氏神一番/カブキロックス、ジョー山中、桑名正博、安岡力也、ビートたけし、原田芳雄、宇崎竜童、近田春夫、かまやつひろし、沢田研二、キャロル、本木雅弘、RCサクセション、アナーキー、あぶらだこ、THE MODS、ルースターズ、陣内孝則/ザ・ロッカーズ、P-MODEL、BOØWY、RATS & STAR、スターリン、松田優作、JAGATARA、つんく、ヒカシューなど広い人脈がありました。

自身の自虐ネタにもなっている位にヒット曲といえるものはない。

また、日本のロックの首領とされているが、実態はほとんどありません。

引用元:Wikipedia

1974年代には

無名時代の矢沢永吉さんが、内田裕也さんに一旦はデビュープロデューサーを依頼したものの、突然 他の人にプロデューサーを変更

矢沢永吉さんの態度に怒り心頭でボコボコにした。

なんて逸話もありますが

真相は違うようでした。

二人ともロックの魂をもった

素晴らしい師弟関係が古い映像から垣間見えます。

ロック界の重鎮の突然の訃報に、音楽仲間から悲しみのコメントを見てみましょう。

矢沢永吉(69)

「裕也さんがいなくなるってさみしいですね。じいさんになっても、よぼよぼになっても、もっと生きてほしかったです。心よりご冥福をお祈りいたします」

ミッキー・カーチス(80)

「内田裕也が亡くなったようだ!仲間がどんどんいなくなってしまう!ロックロールお疲れさん」

泉谷しげる(70)

「実際、ユーヤさんに接して感じたことなンだけど~なンともいえない男の色気があり、そして可愛いのだ こっりゃあ意外とモテモテくんなのかな~ 感じたことを言っておだてりゃよかったンだが、オイラにもイメージあるもンで(笑) 」

青山葬儀場にも AI、堺正章、指原莉乃、竹中直人、ダイアモンド☆ユカイ、浅田美代子、鮎川誠、崔洋一、尾藤イサオ、DJ KOO、PANTA、田代まさし、郷ひろみ、氏神一番、巻上公一、秋元康、南部虎弾、ギュウゾウ、ビートたけし、美勇士ら始め、950人が参列してます。

樹木希林さんは最後まで内田裕也さんと離婚しませんでした。

結婚1年半後には別居して月に1回しか会わない奇妙な夫婦でしたが
1981年には離婚届を提出するも樹木希林さんが離婚を認めず、訴訟となります。

一人娘の也哉子さんが「なぜ、このような関係を続けるのか」問い詰めると

平然と“だってお父さんにはひとかけら、純なものがあるから”と答えたそうです。

そんな内田裕也さんは樹木希林さんが亡くなった約半年後の朝、樹木希林さんのあとを追うように旅立ちます。

まとめ

ロックンロールの肩書があるならば、内田裕也さんにピッタシでしょう。

自分の立場をわきまえ、
相手の能力を一瞬にして見極める能力があったのでは?

男としてカッコつけるところは譲らず
仲間として認めた人間は決して突き放すことがない。

損得に関係なく人に尽くし、律儀な姿の内田裕也さん

そんな『男気』に多くの人達が魅力を感じたのだと思います。

ひとつだけ、Koduck が内田裕也さんのエピソードを経験しています。

記憶が確かではありませんが

2011年の逮捕から数年後

酒での失敗が多い、晩年もあって

断酒した(本当に一滴も飲まなかったようです)

でも、毎晩のように行きつけの BAR に顔を出して、仲間と会う

その晩は何か機嫌の悪いことでもあったのでしょう。

タクシーを降りるなり、「こらぁ~チップじゃあ!」

って100万円をバラまいたんですよ!

酔っぱらってもいないのに、本人は BAR に後ろも振り向かず入店して行きました。

本人の姿が見えなくなるのを確認して

100万円を回収してお付きの女性に返すお手伝いしましたが…

まさしく シェケナベイビィだぜ~

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

ポチっと押してね!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。