都民割りでホテル救済と疲弊する両極を考える

こんにちは、Koduck です。

東京都民に都内旅行援助5,000円について

小池都知事が9月24日に東京都民が都内を泊まりがけで観光する場合

1泊1人あたり5000円を補助するとしました。

コロナウィルス感染拡大防止のため、東京都目的の旅行と東京在住者だけが Go To トラベルキャンペーンの「援助対象外」の措置に

日本の10%も税金を納めている都民から他県の人に税金を使われている不満と都内サービス事業者の不満があったからでしょう。

都民割りに喜ぶ都民とホテルについて考えてみました。

スポンサーリンク

1 都民割  ホテル宿泊支援

東京都と東京観光財団が東京都独自の支援策
もっとTokyo 」を発表。

東京都民が都内の旅行で使う時のみ、東京都が支援する対策。

宿泊援助以外にも、日帰りも2,500円の援助があります。

もちろん Go To トラベルキャンペーンと併用して使用することが出来ますが

様々な条件があるのでご注意ください。
(ここでは詳細を省略します)

期間は2021年3月末までですが
予算20億円(40万泊)に達した時点で終了となります。

旅行会社に振り分けられた宿泊施設は旅行会社により、完売してしまったところもありますが、これから販売予定の旅行通販サイトもありますので諦めないでください。

参考までに、じゃらん11月2日から、一休.com 12月中旬以降予定など

2 都民割  ホテル事情と裏側

新型コロナウィルスの影響で落ち込んだ都内の観光事業。

東京オリンピック・パラリンピック開催に焦点を当てて新規もしくは改装を済ませて準備を整えたホテルも多いことでしょう。

都民の不満もさることながら、事業者への救済を目的とする東京都独自の観光支援策と言えますが…

観光庁が発表した宿泊力統計調査を見てみましょう。

2020年4月の延べ宿泊者数(全体)は
971万人泊で、前年同月比−80.9%

2020年5月の延べ宿泊者数(全体)は
781万人泊で、前年同月比−84.8%

外国人に特定すると4月は前年同月比−98.2%、5月は−98.6%でした。

いかに GoTo〜 や「もっとTokyo」キャンペーンが観光事業者を助けてくれている材料になるかが、お分かりいただけますよね

(マスメディアのGo To〜反対報道に少しの疑問があったのも、お分かりになったかと思います)

都民の助けを頂いて、全ての宿泊施設が恩恵を享受できるものではありませんが、23区の1940施設数、18万5千部屋を少しでも埋められれば経営者はホッとします。

しかし現状はホテル宿泊施設の清掃を一部外国人労働者に頼っているところが、今のホテル経営の実情ではないでしょうか?

中長期の在留資格を持つ外国人は約260万人

出国の制限を緩和され始めた8月の中旬時点で約20万人が出国。

週末の宿泊集中日だけに応援清掃員?を募集しても、日々の業務に携わっていない未熟者だったり、外国人なら言葉が伝わらなかったりして

管理職もしくは日本人従業員への負担が大きくなっているのが容易に想像ができます。

いつか国籍・国民性による問題の違いなどを調べられたら面白いかなと計画しています。

3 まとめ

残念ながら東京都民ではないので、都民割りを使うことはありませんが

東京都民は近県居住者が都内へ仕事や用事で出掛けて来て

一部クラスター現象が発生していることに

「都内」のどこどこでクラスター発生と春先に報道されてたことを

日々恐怖に感じていたのを知り合いの姿から知っています。

一時期の都内はゴーストタウン化して、都民こそは外に出掛けないことを徹底していたのは、他の県民には知られていない事だと思います。(私個人の感想)

キャンペーンで少し胸を撫で下ろしているのは経営者であり

従業員は仕事量は依然少ないものの、濃縮された仕事に疲弊しているのではないかと推測できます。

我慢を強いられてきた国民には精神的癒しを求めて優雅なホテルライフを堪能して頂きたいとは思いますが

観光事業経済支援の陰で仕事に余計、疲弊をしている人たちがいることにもケアが必要ではないでしょうか?

これから宿泊業にとっては稼ぎ時の年末年始も迎えます。

テレワークが出来ない職種。(運輸、製造、警備なども同じでしょうね)

準難民みたいなミャンマー人が労働として日本を選んで周囲に増えていたのも感じます。(こちらは国際的な観点から支援もしたい)

長い休みで不足分を補わないといけない学生には冬休みも楽しめないかも知れないし

全てを満たすのは難しい。

最後まで、お読み頂きありがとうございました。

BLOG RANKINGに参加しています

カエルさんを押してね!
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村
しおりトレンドニュース - にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。