予見:愛知県県知事リコール、県民の正義は日本国民の代理選挙でも?

こんにちは、Koduck です。

米国大統領選挙が盛り上がりをみせていますが

愛知県でも県知事リコール運動が佳境を迎えています。

愛知県の大村秀章知事のリコールに向けた
イエス高須クリニックの高須克弥院長の署名活動はご存知だと思います。

日本初の県知事リコールになるのか?

スポンサーリンク

1 県知事リコール 理由

お辞め下さい大村秀章愛知県知事
愛知100万人リコールの会

は理由として

あいちトリエンナーレ2019
「表現の不自由展・その後」より

昭和天皇の肖像をバーナーで燃やし、最後は足で踏みつける動画を展示したり

日本軍人を愚弄し侮辱する「間抜けな日本人の墓」と称する展示物があったり

「昭和天皇の肖像を燃やしたり、日本兵を侮辱する作品展示会を、県民の税金で強行開催した大村知事のリコールを求めます。」と説明しています。

高須院長を応援する著名人に

作家の百田尚樹氏、評論家の竹田恒泰氏、中部大学総合工学研究所の武田邦彦徳仁教授、ジャーナリストの有本香氏などが名前を連ねます。

開催前から問題のあった、あいちトリエンナーレ2019「表現の不自由展・その後」は

遡る事、7月31日
朝日新聞が《平和の少女像》が出品されることを報道。

8月1日 「あいちトリエンナーレ2019」開催。

8月2日 河村たかし名古屋市長が「表現の不自由展・その後」を視察。
「どう考えても日本人の、国民の心を踏みにじるもの」と発言。

芸術監督・津田大介氏
記者会見で「行政が展覧会の内容について隅から隅まで口を出し、行政が認められない表現は展示できないということが仕組み化されるのであれば、それは憲法21条で禁止された『検閲』に当たる」と主張。

が、発端で

文化庁の補助事業として税金が投入されていることから
行政を含み、様々な機関で論争になります。

開催、リコール運動まで日本のメディアで報じられることは少なかったので
突然の大きな運動に国民いや、愛知県県民も驚かれたことでしょう。

2 県知事リコール 署名

リコール運動の法律的な手続きと、終了後の流れ

地方自治体におけるリコール運動の手順は以下の通りです。

都道府県知事・市町村長の解職

地方自治体法、第81条
(リコールに必要な署名数の計算方法)

選挙権を有する者は、政令の定めるところにより
選挙権のあるもの(有権者)の3分の1以上(有権者総数が40万人を超えるときは、40万を超える数の6分の1と40万の3分の1を合計した数以上、80万を超えるときは、80万を超える数の8分の1と40万の6分の1と40万の3分の1を合計した数以上)の署名を集めて選挙管理委員会に請求できる。

はぁ? 何言っているのか、わからない…ですよね

出典:BLOG OF THE YEAR 2019

愛知県の県民数は2019年10月の時点で、約755万3千人

数式にすると

40×1/3 + 40×1/6 +(有権者数ー80万)×1/8

=(有権者数)×1/8+10万人

愛知県の場合、有権者数は約613万人

リコール成立には約87万人の署名が必要です。

署名には・日付 ・氏名 ・住所 ・年月日 ・捺印 が必要とし

集まった署名は各市町村の選管管理委員会へ提出。
選挙管理員会が住民票と照らし合わせて本人確認を行い
署名の有効・無効を判定する厳密なものになります。

高須院長は過去のリコール運動の署名で約25%以上に無効署名(内容不備など)と判定されてしまう署名が含まれてしまう事を計算済で約100万人の署名を目標としていました。

しっかり計算されて行動されていることが

日本で初めての県知事リコールが確実になりそうな予感がします。

3 県知事リコール その後

市区町村の提出締め切りは、一部の市において首長選のため

最長まで12月19日まで続きます。

最終的に有効な署名数が獲得されれば

住民投票の告示から30日以上の期間をあけて「住民投票」が行われます。
(署名の提出/リコール請求が有効であると判断されてから60日以内の住民投票)

住民投票で〝賛成多数〟となったときには

出直し選挙となります。

新知事の任期は①知事自ら退職、再選 ②リコールにより失職、再選 ③別の候補者が当選 で異なりますが、

過去の都知事選で石原、猪瀬、舛添の3回/5年間でかかった選挙費用は

126億円超えとされています。

非常にお金がかかることがわかります。

この金額で違う政策が出来そう…

4 まとめ

愛知県を考えての県知事リコール運動

それ以上に、僧侶の肩書をもつ高須院長は

日本のことも憂いて行動しているのでしょう。

実は初の県知事リコールはハードルが高い運動なので

過去には市町村長までのリコールはありましたが、県知事はありません。

仮に愛知県の県知事リコールが決まったときに

他でも問題とされている「県」が複数あり連鎖も考えられます。

な~んとなく、選挙で選んでいた人が

間違えた人選だったのが後でわかって

とんでもない費用が無駄になることも考えれば

しっかり吟味、調べて選んでいかないと大変なのだな…

と隣の芝生を見て自省します。

アメリカ国民もアメリカの国を考えての選挙ですが
アメリカは世界のアメリカなので

世界の大統領を選ぶつもりで、な~んとなく祭り気分で

選ばないでほしいなぁ…

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

ポチっと押してね!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。