米国大統領選挙、不正の郵便投票と訴訟が勝敗を分ける理由を調べてみた

こんにちは、Koduck です。

米国大統領選挙結果、未だ勝者が決まらず

両陣営とも、いろいろな抵抗をしていますよね

カギは「郵便投票」にあるようですが

共和党トランプ陣営が主張する郵便投票の「不正」って
何なのか日本のメディアは教えてくれているのかな?

テレビをほとんど見ないので自分で調べてみました。

スポンサーリンク

1 米大統領選挙  郵便投票

「不在投票」と現在問題になっている「郵便投票」に
大きく違うことがわかりました。

不在投票

投票用紙の送信を要請した有権者のみに投票用紙が送られる。

郵便投票

州が一斉に有権者に投票用紙を送りつける。

日本にも同じ制度が

「期日前投票」
「不在者投票」
指定施設での「不在者投票」
船員の「不在者投票」
郵便による「不在者投票」

在外選挙制度;衆参議院議員選挙に限られる。

期日前(きじつぜん)投票は
選挙人名簿登録地の市区町村に1カ所以上も受けれれている「期日前投票所」にて投票すること。

不在者投票は
選挙期間中、名簿登録地以外の市区町村に滞在していて選挙管理委員会に直接または郵便等で投票用紙など必要な書類を請求。
交付された投票用紙を持参もしくは指定施設の長が管理。

郵便等による不在者投票も同じ
身体障害者手帳か戦傷病者手帳を持っている有権者、介護補年の被保険者証の要介護5の者に認められています。

調べてみましたが、間違えていましたら
申し訳ありません。教えて頂けますと幸いです。

2 米大統領選挙  コロナ

コロナウィルス感染の危険があるという理由で
郵便投票を大々的に実施するようになった、今回の米大統領選挙。

トランプ大統領は当初より
「不在投票は安全だが、郵便投票は簡単に不正ができる」と言っていました。

それは何故なのか?

カルフォルニア州を相手とり市民団体が6月に起こした訴訟理由を一部見てみると

・カルフォルニア州の有権者登録名簿には23,000人の死者が今も掲載せれている。

・83万6,500枚の投票用紙が既に引っ越しした人間の元の住所に送られた。(パンデミックで引越しした人間のことか?)

・1,387万7,000枚の投票用紙が送信先住所の現住が未確認の人に送られた。

つまり第三者が郵便受けに残っている投票用紙を不正に使えるということか?

生活困窮者を集めて回収アルバイトも可能ですよね?

かつて民主党のために郵便投票詐欺をしていた人物が

匿名で

郵便局員に収賄し郵便投票返信封筒を処分したり、老人ホームの看護師に金を渡して代わりに投票用紙に記入させていたとも証言しています。

また不法移民の多い州の

ある州では不法移民が運転免許証取得と同時に、自動的に有権者として登録されることがある。とは、国民でないのに参政権が付与されていることに繋がるのか?

「不在投票」も安心できません。正当な有権者以外が投票する可能性は、ほぼゼロに近いものの買収された郵便職員に郵便投票権を捨てられてしまわれれば打つ手がありません。

全ての情報に真偽のほどが、わかりませんけど

今回のバイデン候補の選挙活動を見ても

コロナ対策で、大きな集会演説を避けたことから

バイデン支持者が郵便投票を積極的に活用しているのが分かります。

つまり投票所で直接投票する共和党トランプ氏の票と

郵便投票の多い民主党バイデン氏とではバイデン氏に大きく有利な訳です。

3 米大統領選挙  支持者

1通でも不正投票があれば、全てが不正だとして

郵便投票を数えるのをヤメロ!

と叫ぶトランプ支持者。
(まぁ当たり前だのクラッカーです)

全数投票を数えるのが民主主義だ!

と郵便投票に有利なバイデン民主党支持者

開票会場で抗議している団体は
何の意味があるのか、悪あがきにしか見えません

開票を手伝っているボランティア?の精神的苦痛を与えているようにしか考えれらません(あるなら投票前にも不正があると思うけど…)

どちらの支持者もデモや集会しているけど

コロナ対策で郵便投票しているのに
集団で行動しているのは理解がムズカシイ…

スポンサーリンク

3 まとめ

日本でも同じように選挙に積極的である社会になればいいなと
(決して過激になるのは困りますが)

有権者身元確認って、どうなっているのでしょうか?

事前に登録されてある自著を郵便投票用紙にサイン記述すると

確認されて有効無効が決められると聞いたこともありますが

真偽のほどは分かりません。

不確実なデータを元に投票用紙を用意し発送するにしても

確かに当落が入れ変わってしまうほどの

不正投票数と思われる数字で莫大である可能性は否定出来ませんよね

何はともあれ

アメリカ人のアメリカ人による、アメリカの為の選挙ですから

何も言えませんが…

アメリカで世界も変わるので、そこも考えて代表者を決めて頂きたいと

地球国民は お願いするのであります。

最後まで、お読み頂きありがとうございました。

BLOG RANKINGに参加しています

カエルさんを押してね!
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村
しおりトレンドニュース - にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。