馬場馬術とオリンピック種目。障害と生涯について

こんにちは、Koduck です。

昨年の紅白で紅組トリを務めた歌姫

MISIA さんが馬術競技を紹介するロケで落馬する事故があり

自宅で絶対安静と重傷診断から、今年の紅白出場も心配されています。

MISIA さんも事務所も仕方がない事故と問題視はしておらず

TBSは
「当該の馬は調教されており、乗馬している人がコントロールできる状態にあったとのことでしたが、MISIA さんが怪我をされることになってしまいました。

取材クルーの動作や機材の存在が(馬に)刺激を与えることになったのであれば、心よりお詫び申し上げます」と謝罪しています。

MISIA さんも数十年前から乗馬を趣味としており

調教されているとはいえ、乗馬のロケですから

完全に予防することが難しい事故に、誰を責める必要もないので
一日も早い回復を願うしかありませんよね

「NEWS23」の企画で
知的障害を持つ選手らを乗せた馬と馬術競技を紹介するコーナーだったそうで

馬術競技では1996年のアトランタ大会からパラリンピックの正式種目として

運動機能障碍と視覚障碍の選手が出場し、馬場馬術で演技の正確性と芸術性を競う競技が採用されています。

オリンピック種目でもある馬術競技を少し調べてみました。

スポンサーリンク

1 馬術競技  種目

オリンピックで唯一動物と一緒に行う競技
この競技には男女別というものがありません。

種類は
馬場馬術、障害場術、総合馬術

3つの馬術競技を個人、団体とで競う6種目があります。

馬場馬術
馬をいかに正確かつ美しく運動させることが出来るかを競うもの

障害馬術
飛び越さなければ通過できない障害が置かれたコースを、乗馬して規定タイム内にゴールを目指す競技

総合馬術
3日間かけて同一人馬で行われます。
馬場馬術・クロスカントリー・障害馬術の3つを競い、総合得点で勝敗を決める競技

東京2020大会に向けて〜馬術競技を見てみよう!

2 馬術競技  競技人口

2018年 公益社団法人 日本馬術連盟の事業報告によると

登録会員数は6900人を超え、乗馬登録数は約4000頭になります。

年齢は日本の代表としてロンドンオリンピックに出場した法華津 寛さんが当時71歳。

馬術オリンピック最年少記録は中国の華天(ホア ティエン)選手が北京オリンピックに18歳で出場していました。

乗馬の経験が身近にあるとは言い難い日本の生活様式

ほとんどの日本人は幼少の頃に公園か牧場でポニーに乗馬したぐらいかな?

雄大な自然の中をホーストレッキングするのは万人が経験できるものではありません。

馬術大国ドイツでは人口8100万人のうち250万人、馬術発祥の国イギリスでは人口6300万人のうち400万人超がしっかりと乗馬をしているとの統計もあります。

気になる費用ですが

馬を購入するとなると 100万円以上
競走馬や乗用馬として才能ある馬は1000万円以上

乗馬クラブの入会金 およそ20万円

月の会費目安 15,000円に
委託料 10万円、運動料、調教料、指導料、
自馬とのレッスン料…

装蹄代、輸送料、治療費、予防接種、伝染病検査代などなど

3 まとめ

子供のいない友達夫婦が

毎年、一年の苦労に耐えて楽しみにしているのが

北海道のホーストレッキング。

自然のフィールドで慣れ親しんだ馬と

家族付き合いまでに発展しているファーム家族。

今では馬の世話を含めた馬との生活を楽しみに

日々の仕事に精進しています。

心が通じてスポーツ、共同で障害を克服していく行為は

何事にも変えられない喜びが得られるのでしょうね…

もぅちょっと、人間と楽しく仕事して欲しいのが欠点ですがw

最後に音楽活動と並行して
様々な社会貢献活動に
積極的に取り組んでいる
MISIA さんが
知的障害者と馬場馬術中での事故

1日も早い復帰、活動をお祈りしております。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

BLOG RANKINGに参加しています

カエルさんを押してね!
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村
しおりトレンドニュース - にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。