【美人】ケイリー マクナニー(Kayleigh McEnany)米WH報道官が激怒る理由

こんにちは、Koduck です。

ドナルド・トランプ政権の
ホワイトハウス(WH)報道官で

FOXニュースの元プロデューサー
CNN 政治アナリストとして活躍した

ケイリー マケナニー(Kayleigh McEnany) 女史をご存知ですか?

3ヶ月も前になりますが
2020年8月5日の記者会見が

見えない大きな敵と対峙している姿に

今更ながら不安を感じましたので
会見内容の動画を文字に落として

皆さんと考えていきたいと思います。

かなりの長文になりますが、
映像の内容を書いてあるだけなので
とばして頂いて構いません。

赤色文字;トランプ大統領の言葉
青色文字;Koduck の感想

に色分けしております。

スポンサーリンク

1 ケイリー 怒った

ケイリーマケナニー米報道官, 子供たちの死に無関心な記者たちに失望 | KayleighMcEnany | 日英字幕

“がっかりしました“
彼女を 怒らせたら

先週末に、トランプ大統領は 2つの明確であり
愛国的なスピーチを行い
私たちの価値を大事にし
私たちの歴史を尊重し
すべてのアメリカ人を持ち上げる政策を
推進しようとする人々から広く称賛されました。
大統領は未来のビジョンを説明しました。
より強く、安全な地域社会についてでした。

トランプ大統領は
結局、私たちが欲しいものはなんですか?
私たちは強力な軍事力、素晴らしい教育、住居、低税率、法律、秩序が欲しいのです

大統領は続けて
私たちは安全と平等 そして 宗教の自由が欲しいし、私たちは信仰、家族とともに偉大で 幸せで、安全な社会で暮らしたいです。
それと立派な仕事が欲しいです。
私たちは他の国から尊敬されたいのです
利用されるのではなく

大統領は
私たちは これらを追求しべきです。
どうして、他のものを追求することができるんですか
と付け加えました。

このメッセージは かつてないほど重要でタイムリーな発言です。
急進的な左派暴徒たちが、記念物を 記念碑を 破壊しようとしています。
ジョージ ワシントンからアブラハム リンカーン、フレデリック ダグラス そしてガンジーさえも「警察の予算打ち切り」のような誤った運動は 私たちの社会を かつてないほど脆弱なものにしようとしています。
(警察の予算についての政策の違いは、ご自身でお調べください
仮に警察権限の弱体化を某◯共が画策したなら恐ろしいことです)

事例を挙げてみます
今週末だけでニューヨークでは 44件の銃撃があり、11人が死亡しました。シカゴでは 75人が銃撃され、13人が死亡しました。

悲劇的なことに 少なくとも 5人は子どもたちでした。

全国の都市でコロされました。
本当に悲しい死で 遺族にお悔やみ申し上げます。
このような犯罪は暗くて分裂的なものです。

7月4日(アメリカ合衆国 独立記念日で例年はお祭り騒ぎに祝福する日です)大統領は次のように述べています。
私たちの運動は全ての市民を 神から与えられた可能性を最大限に引き上げることに基づいています。
忘れないでください。
私たちは一つの家族、一つの国です。
子どもたちに 祖国を大切にし 愛することを教えます。
そうすれば、彼らは その未来を築くことができます。
このビジョンは文化戦争ではありません。
メディアが間違って示しようとするの様なものと違います。
これは アメリカ家族、価値観、自由 そして未来を受け入れることです

これから、質問を受け付けます。

しかし 記者たちの質問はトランプ大統領を卑下し、事実を歪曲する質問ばかりでした。

(マケナニー報道官は
感情をコントロールすることが
難しくなって
早口になり語調も強くなります。

報道官としては失格ですね、

しかし感情的になると言う事は
台本にない、演技指導も忘れて

本心で語ろうとしている姿の
裏返しの証明だと思いました)

これで 終わりにしましょう。

私は南軍の旗について 12の質問をされました。
大統領は行動に集中しています。
私はがっかりしました。

その利用は
質問を1つも受け(られ)なかったことで、がっかりしました。

今週末に、この国で起きた死についてですね
(他の)質問は一つもありませんでした。
ニューヨークでの銃撃戦が、3週連続で倍増したということについてですよね
この7日間で
銃撃は142%急増しましたが
コロされた5人の子供についての質問は一つもありませんでした。

(会場内が騒然と始めます)

あるお父さんからのメッセージです。

ー それは私の心を壊した… ー

今週末、アトランタで命を失った
8歳の子どものお父さんです。

「黒人の命は大切
(Black Lives Matter ; 人種差別や警察官の無法行為に反対する抗議運動)
だと言われたが
あなたが子どもをコロした。
誰にも、何もしなかった子供だった」

私たちは街を守ることに集中する必要があります。

もう、命を失わないように
しなければなりません。

全ての黒人の命が
重要であるからです。

デビッド ドーン警部の命も
(黒人退職警官で元警部 享年77歳
抗議行動を背景に暴動参加者が質屋へ強盗に入ろうとしたのを阻止しようとし射シャツされる 2020.6.2 )

この8歳の少女の命も
大切です。

ありがとうございます。

(BLMの運動に言及していますが
本質は良心と核心で正しく報道しない
あなた達メディアがアメリカファーストを
掲げているトランプ政権の
しいてはマケナニー報道官の
政治に弊害であると食傷気味なのでしょうね)

2 ケイリー 軽蔑

簡単にケイリー マケナニー(kayleigh McEnany)さんの経歴を調べてみます。

1988年4月18日生まれ
商業用屋根材会社の社長の娘として
フロリダ州タンパで生まれ育つ

ワシントンDC ジョージタウン大学 で国際政治学を専攻
その間オックスフォード大学のセント・エドマンド・ホールにも留学あり
マイアミ大学法科大学院進学
卒業後、テレビ番組プロデューサー
CNN 政治アナリスト

2017年 野球のMLB選手と結婚
2019年 長女出産

経歴紹介は簡単にしておきます。

じつはドナルド・トランプ氏を軽蔑していた過去があります。

事あるごとにメディアが「敵」だと公言していたトランプ大統領ですが

2020年4月からトランプ政権で4代目の報道官になった彼女

それには彼女の壮絶な人生が関係しているようです。

【2020米共和党全国大会】ケイリーマクナニー 「トランプ大統領を支持するようになった理由は…」 | 日本語字幕

トランプ大統領を支持するように心境が変化した理由を語っています。

スポンサーリンク

3 まとめ

みなさんは、どの様な感想をお持ちになれましたでしょうか?

日本でもオールドメディアの偏向報道に
新聞・テレビ離れが進んでいますが

マケナニー報道官のメディアに対する戦いも理解できます。

一見変わったトランプ大統領の

考えを判りやすい言葉で

国民に伝える仕事が出来るのに

ケイリー マケナニー女史は

トランプ政権で最適任者なのかも知れないと考えました。

金髪でクリスチャン、若い母親
報道と政治に詳しく、病気を克服した

英雄が(白人社会が最も好む)

テレビに出演したがる
20代の頃から政治によって作り上げられ

利用されているとは

本人も知らないところで作用されていた。

なんて想像するのは

ゴルゴ13を教科書にしている Koduck は愚か者ですねw
(以上はすべて個人の妄想です)

なにしろ
メディアも政治も恐ろしい

それらを操る
拝金主義と共産主義はもっと恐ろしい

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

BLOG RANKINGに参加しています

読んだらカエルさんを押すとよいぞ!
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村
しおりトレンドニュース - にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。