中国発、防護服の入国とファッションリーダー

こんにちは、Koduck です。

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウントはNHKの報道を引用し、「30日から日本と中国の間でビジネス関係者らの往来が再開した」と説明。成田空港ではこれまでにも日本に入国する多くの中国人乗客が新型コロナウイルスの感染予防のために防護服や雨がっぱを着用しているとし、航空会社の関係者の話として「多い時には(防護服を着た乗客は)半数ほどに上る」と伝えた。

引用元;レコードチャイナ

0系新幹線しか乗ったことがないKoduck には、信じられないニュースだったので調べて見ました。

1 入国制限措置の緩和

政府は入国制限措置を緩和する一環として11月30日から、中国との間で短期滞在と長期滞在双方のビジネス関係者などの往来を再開させました。

週に20便ほど運行されている成田空港には、中国各地と往来する便の到着・出発する搭乗客の中に、感染を防ぐ対策として白い防護服や代わりの雨ガッパを身につけた中国人の姿が多く見受けられました。

30代中国人女性
「日本は感染が収束していないので、消毒などを徹底しながら中国に帰省したいと思います」

入国制限緩和措置により日本に入国した外国人は

およそ6万3000人(12/5現在)に上り、ベトナムと中国の2カ国で6割近くを占めています。

在留資格は留学が約2万3000人、技能実習が2万300人
出張などビジネス目的を含む短期滞在は4533人と全体の7%程度にとどまっています。

疑問に思ってしまう点が…

中国では簡単に防護服を買える生活環境になっているんですか?

日本でもAmazonでピンキリで販売していますが、医療関係か特別な理由がない限り用意している家庭は少ないのではないかな?

中国の空港で着用して機内において感染予防を対策するのは万全の考えだとは思いますが、

防護服着脱にも正式な手順があるはずだし、使用後の防護服を処分するのに準備は万端なのでしょうかね?

まさか、空港のゴミ箱に捨てたり宿泊ホテルに依頼するわけ?

飛行機の機内は気圧の関係や、空気清浄が病院の手術室や工業用のクリーンルームと同等のレベル効果を航空会社は謳っていますので心配が少ないという評価もあります。

それより大声で会話するイメージの中国人の方がKoduck には心理的に怖いな…

2 防護服 ファッションショー

中国・東北部の遼寧省で5日に行われたファッションショーでは、新型コロナウイルスの感染が拡大した、この1年間で開発・改良された防護服がお披露目されました。医療用をはじめとする様々な業種の防護服が集められました。業界幹部によりますと、マスクや防護服などの今年の輸出総額は、7兆円以上になるということです。

引用元;報道ステーション 公式ホームページ

これからの時代

防護服は一般的なファッションになってしまうと、ますます男女の出会いが少なくなって少子高齢化が進むのではと危惧しちゃいます。

医師のため着心地よく安全かつ動きやすい作業服としての需要に対しての供給は理解しますが

7兆円超える市場に中国が堂々と商機に繋げるのには、訝しい感情が先に立ちます。

3 まとめ

未来的に空の移動にはコロナ対策で搭乗客全員が防護服着用を義務つけられる日が来るのでしょうか?

Koduck が以前、記事にした
「マスク着用拒否の男性客による安全阻害行為で臨時着陸したピーチ航空で思うこと」が意味ないように思えてきました。

コロナウィルスを持ち込まない、持ち出さない

の貴重なご配慮は、ありがたく受けますが

防護服の集団の姿を見て精神的に健常でいられない気持ちもします。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

ポチっと押してね!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。