【コロナ】オールドメディアが報じない数字、止めないビジネス往来

こんにちは、Koduck です。

新型コロナウィルスの国内の感染者数は31日午後6時現在で4515人に上り、1日あたりの感染者数としては過去最多を更新した。

これまでの最多は26日の3882人(修正値)で、初めて4千人を超えた。
年の瀬を迎えても、感染拡大に歯止めがかからない状態が続いている。

引用元:朝日新聞DIGITAL

感染させる人の約半数は無症状

感染レベルを下げることが重要だとして、特に若い人たちに自覚をもって行動することが日本を救うと政府のコロナウィルス感染症対策分科会会長である尾身茂会長は強調して説明していますが

オールドメディアである報道機関は毎日、同じような内容を繰り返していますよね…

果たして若者の行動だけが問題なのでしょうか?

「コロナ変異種」が世界的に拡大してきたことを受けて 12月26日から1月末まで外国人の入国を停止する発表がありました。

しかし、すでのビザを取得した外国人や中国や韓国など11カ国・地域と合意したビジネス往来の枠組みによる入国は引き続き認めています…

感染者はすべて日本国内で感染拡大した問題なんでしょうか?

感染者の国籍や感染経路との関係はないのか個人的に推測してみました。

 新感染状況マップ

 GOからSTOPへ。政策が目まぐるしく変化する理由として、11月以降、新規感染者数が急増した点が挙げられます。新規感染者数が最も多かったのは8月7日の1604人でしたが、11月12日にはそれを上回り、約2週間後の11月28日には過去最も多い2678人を記録しています(JX通信社新型コロナウイルス 日本国内の最新感染状況マップ・感染者数、12月9日発表時点)。

引用元:日経ビジネス

年末に向けて爆発的に増加した新規感染者数

1次や2次感染拡大の時の騒ぎや不安は何だったのか?

3次感染と目される今に、対策の遅れや間違えた問題の解き方をしていないか

またまた斜め目線で考えてみます。

空港検疫に係る発生状況

元々コロナウィルスは輸入されたものではないのでしょうか?

水際で止めれなかったモノを
国内の伝染にばかり注視していますけど

空港検疫での陽性者の国籍内訳:
(3月)日本国籍60名、外国籍6名。合計66名。
(4月)日本国籍68名、外国籍12名。合計80名。
(5月)日本国籍19名、外国籍26名。合計45名。
(6月)日本国籍31名、外国籍93名。合計124名。
(7月)日本国籍58名、外国籍219名。合計277名。
(8月)日本国籍77名、外国籍120名。合計197名。
(9月)日本国籍69名、外国籍104名。合計173名。
(10月)日本国籍75名、外国籍142名。合計217名。
(11月)日本国籍128名、外国籍225名。合計353名

引用元:厚生労働省

日本国籍の陽性感染者は11月に倍増してきたものの

比較的、日本人からの輸入は横ばい、抑えられた数字に見えます。
(諸外国より比較的安全な日本国内に帰国することを希望するのは当然の行動だとも)

対して外国籍の陽性感染者は6月を起点に

日本国籍の2倍近くが感染して入国しています。

スポンサーリンク

国・地域別 訪日外客数

11月の訪日外国人の統計を分析してみます。

11月から日本の入国規制が緩和されはじめ

再入国者や労働者が日本に戻ってきた時期だったと記憶していますが

2020年11月 訪日外客数 (JNTO推計値)
Visitor Arrivals for Nov. 2020 (Preliminary figures by JNTO)
国・地域 Country/Area 総数  Total
2019年 2020年 伸率(%)
11月 11月
総数 Grand Total 2,441,274 56,700 -97.7
韓国 South Korea 205,042 2,800 -98.6
中国 China 750,951 18,100 -97.6
台湾 Taiwan 392,102 1,200 -99.7
香港 Hong Kong 199,702 500 -99.7
タイ Thailand 140,265 1,000 -99.3
シンガポール Singapore 65,295 200 -99.7
マレーシア Malaysia 64,987 400 -99.4
インドネシア Indonesia 37,213 3,400 -90.9
フィリピン Philippines 64,763 1,700 -97.4
ベトナム Vietnam 41,892 14,700 -64.9
インド India 14,863 1,000 -93.3
豪州 Australia 48,327 300 -99.4
米国 U.S.A. 148,993 1,100 -99.3

引用元:日本政府観光局

特に中国、ベトナムからの入国が目立ちます。

(現在は観光目的の入国は完全に停止しています)

ビジネス往来って何をしているのか…

職種や滞在習慣などを調べる必要はないのか?

外国籍の人を差別も偏見で判断もしませんが

国難であることに、もっと危機感を持ってもらいたいですね

特に中国がコロナ抑制に成功しているなんて信用も出来ない情報だと日本政府は思わないんですかね?

「ビジネス」と名目されるとサラリーマンが短期滞在で日本企業と商談か何かに聞こえますが、実際は労働力の輸入なのでは?

仮に労働力の輸入であれば、労働条件の悪い仕事で低賃金を理由に複数口の仕事、つまり不特定多数の接触が予見できます。

昼の仕事では生活・仕送りもできないから
夜、掛け持ちで仕事も考えられます。

スポンサーリンク

 まとめ

オールドメディアは連日

そう正月でさえ、コロナ感染者数の増加
医療機関の崩壊をキーワードに

不安を煽っているように見えますが

公的機関の統計から
見えてくる疑問とか

感染者の国籍なんかも資料として発表してもらえれば

より良い対策が考えられるのではないかなと

考えていますが、皆さんはどうですか?

もちろん国籍に関わらず感染してしまったことを非難する理由はありません。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

ポチっと押してね!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。