神奈川県横浜市、免許証更新手続きに二俣川へ、手続き要点と説明

こんにちは、Koduck です。

年の瀬に免許証更新手続きに
横浜市住民なので二俣川にある運転免許センターへ行ってきました。

1 運転免許センター  二俣川

経験の多い免許更新者であれば、相鉄線 二俣川駅からの道順はお分かりだと思いますが、数年に一回しか行かないので忘れてしまいますよね

改札を出ましたら右、「免許センター→」看板に沿って北口方面へ進みます。

2階のデッキ通路を渡り正面のドンキホーテがある建物が目印になります。

距離にして1Km徒歩15分ほどの坂道を上ります。免許センター行きのバスも数分間隔で運行されていますが、歩きにくい歩道ではないので徒歩がお勧めです。

大勢の人の流れについて行けば到着する。
ほど簡単な道のりなので詳細省略します。

途中中程にセブンイレブンで買い物は済ませたほうが無難です。免許センター内にデイリーヤマザキがありますが07:30開店のコンビニになり、周囲には何もないと言っても過言ではありません。

この頃に更新する人は前回、旧建物で更新していたはずです。

新建物は向かいにありました癌センター跡地にあります。

旧建物跡地は運転試験コースが追加造成中でした。

混雑と限られた駐車場区画のため自家用車での来場はご遠慮くださいとしていますが、建物裏手に1回1,000円の駐車場。無料駐輪場があります。

同じ時間に同じ目的なので来訪者で駐車場が満車になってしまえば、周辺コインパーキング等を使うしかないのでしょうが、心配されるのであれば公共機関での利用をお勧めします。

午前中の講習受付開始が08:30から

早めに到着してしまった Koduck ですが入口から並ぶ列が建物に沿って裏手に伸びる列中央に位置していました。

列は3種類に分けられています。

外国人が免許取得する列
免許を新しく取得するため試験に来た人の列
そして免許証更新の列 でした。

列が動き出したのが08:00過ぎでしたが、少し前から案内の係員が整理のため数人お手伝いしております。

ただし建物沿いに列が伸びるため、雨天等では避難する場所がないことは考慮しておいてください。

2 運転免許センター  更新手続き

免許更新手続きについて

その他の手続きにつきましては、県警察HPなどでお調べ直し下さい。

1 送付されてきた「更新連絡書(はがき)
2 免許証

必要な方はメガネ、補聴器
Koduck は毎回メガネを持参しますが、いつもギリギリセーフですw

基本的には「写真」は必要ありません

ただし身分証明写真にもなりますので、運転免許センターで撮る写真にカラーコンタクト等を含む証明に不具合のあるものを装着しての撮影はできません。

受講後に気づいたのですが

横浜市内在住者と横浜市以外に住んでいる人とは、市町村ごとに午前・午後に分かれて受講時間が異なりました。

コロナウィルス感染対策で、しばらくの間の処置とされていますので詳しくは運転免許センターのHP等で予定日の確認が必要です。

手数料

更新手数料 講習手数料 合計
優良運転者講習  2,500円 500円 3,000円
一般運転者講習  2,500円 800円 3,300円
違反運転者講習  2,500円 1,350円 3,850円
初回更新者講習  2,500円 1,350円 3,850円

手続きの順序

建物入り正面の機械で申請書作成 します。

A〜H の受付機があり、種別があるので間違いない列に並びます。
再交付、期限延長更新、更新*、その他の列だったかな?

>免許証を機械に差し込み
>暗証番号 2種類を登録します。

Koduck は携帯電話番号の 080-◯◯◯◯-△△△△の4桁、2種類を使いました。

申請書、暗証番号メモを受け取ったら 右手の記帳台で必要事項を記入

>手数料分の証紙を購入。貼付。

>更新審査 つまり視力検査に進み

>写真撮影

案内に従って>講習時受講 のために教本を受け取ったら
指定された受講会場へ進みます。

Koduck は年に1回の納税の義務を忘れず済ませているにも関わらず、手数料が3,850円支払い(違反運転者講習だよ)

講習時間に約2時間も教えてもらいました。

3 まとめ

旧建物時代には

要件ごとに建物を連絡して移動がありました。

途中、待機時間が長いのもあり食事を挟むことや時間を持て遊ぶことにもなっていましたが

新建物に移り

コンパクトかつ効率的に事務手続きが終わります。

コロナ感染対策も考慮されているのでしょう。

無駄な移動や待機で無駄に人が集まることがなく、食事の心配も要らないほどでした。

更新免許証受領まで講習会場で受け取ることが出来るので、時間の短縮にもつながっていました。

講習内容も交通事情の移り変わりが感じられ

以前は重大事故を未然に防ぐための予防運転だとか、交通法規にまつわる内容が主題だったと思いますが

今回、感じたことは

周囲の危険から身の安全を守ってください。が気になります。

あおり運転による無謀者から身を守る。
2人に1人は高齢(超高齢)運転者となってきた時代による引き起こされた危険から身の安全を(当方が)考える。

でした。

帰り道に、これ教育ビデオの続き?
って再現ビデオかと思わせるほどの、右直通しの2台の車が立ち往生しているのを目撃。もちろん悪いのは「もみじマーク」つけた車。

なんの事か説明わからなくてもいいです。
もみじマークの運転手は何が悪かったのかも認識出来ていないでしょうから…

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

ポチっと押してね!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。