大統領令乱発のバイデン大統領、4年前の米大統領選と違う事情

こんにちは、Koduck です。

米国バイデン大統領が就任式終了直後から
17の大統領令に署名しました。

いまだジョー・バイデン氏を米国大統領と
認められない世界中の人がいます。
(Koduck もトランプ派です)

トランプ元大統領の主要政策を覆す
17もの大統領令の短期間で署名は異常なことなのでしょうか?

大統領令

米大統領が連邦政府や軍に対して出す行政命令やその権限を指す。法的な拘束力を持ち、議会の承認を得ずに実施することができる。合衆国憲法では大統領令について「執行権が米大統領に属する」と書かれているものの、詳細の規定はない。
ただし大統領令も議会が命令発効を禁じる法律を制定したり、連邦最高裁が違憲判断を下したりすれば効力を失う。
政策をすぐに実行に移せる大統領の強力な武器であり、歴代大統領が活用してきた。

引用元:日経新聞

トランプ元大統領が退任直前を控えて
次々と大統領に署名したのは

バイデン(次期)大統領によって
自ら(トランプ)の政策が覆されることを防ぐ狙いと

大統領退任後に発効される行政措置について

バイデン、大統領が停止・見直しの政策転換に苦境や

民主党・共和党双方から批判を受けることを狙ったことと言われています。

また

バイデン、トランプ両氏が大統領令を多発して発令したかの疑問は

大統領令は合衆国憲法や連邦法に従わなければならないが、議会の承認を必要としません。
また大統領令は恒久的な措置ではなく 本質的には執行命令です。

過去の大統領が発令した大統領令を
国立公文書記録管理局が公表しているデータを参考にすると

総数 年平均
レーガン 381 51.13
G.H.W.ブッシュ 166 41.50
クリントン 364 45.50
G.W.ブッシュ 291 36.38
オバマ 276 34.50
平均 739.50 75.83
トランプ

となり
大統領は4,5日1回は大統領令を発令していることになります。

引用元:http://www.u-s-presidents.sakura.ne.jp/presidents/Excecutive-Orders.html

トランプ元大統領が特別多く大統領令を発令しているわけでもなく

バイデン大統領が特別急いで大統領令に署名している訳でもないのが、わかります。

トランプさんも大統領就任と同時に
オバマ前大統領の大統領令を修正したり撤回しています。
(就任後10以内に)

1 シリア難民の受け入れを120日凍結
テロリスト・リスクの高い7カ国の国民の入国を90日間凍結
2 米軍の見直し
核ならびに弾道ミサイルによる防衛網の見直し
3 メキシコ国境に壁を建設する
4 不法入国者を国外退去させる
犯罪歴のある不法入国者から国外退去させる
5 製造業関係の法規制の簡素化
6 米国に敷設されるパイプラインには米国製を使う
7 ダコタ・アクセス・パイプラインの承認
8 連邦政府機関の新規採用の凍結
9 TPP からの離脱
10 堕胎手術をしている医療機関への連邦予算割当の禁止
11 新規規制の導入の凍結
12 オバマケアの罰則規定の適用に際して、最大限ゆるくする

他にもあり

ただし大統領令も議会が命令発行を禁ずる法律を制定したり
連邦最高裁が違憲判断を下したりすれば

効力を失うものとなります。

トランプ大統領

2017年の米国大統領選挙は

時代背景もあり

イスラム教徒の一次入国禁止や
メキシコとの間に壁建設

中国製品に45%の関税をかける米中貿易摩擦の始まり
日本には日米安保に言及して

在日米軍の駐留費を負担増額や
自動車産業をはじめ、貿易不均衡の是正を言及したりと

強権的で、アメリカファーストの主張と
ビジネスマンらしい交渉術に

トランプ氏に向ける
世界の目、日本の感想は

どうでしたか?

振り返ってみると…

2016年7~9月に世界45カ国の人々を対象に実施した「アメリカ合衆国大統領選挙に関する世論調査」をベースに、加盟社である日本リサーチセンターが10月に日本版レポートを発表しました。

『アメリカ合衆国大統領選挙』に投票するとしたら、誰に投票しますか?」という質問に

当時の米国では「ヒラリー・クリントン氏」とした回答が48%
ドナルド・トランプ氏」の41%をやや上回る程度でしたが

米国を除く世界全体ではクリントン氏が59%トランプ氏が25%でした。
日本で同じ質問をしたところ、クリントン氏が60%トランプ氏はわずか3%でした。

引用元:2016米大統領選挙を振り返る「ドナルド・トランプ」関連調査まとめ

アメリカファーストを掲げる
ドナルド・トランプ大統領候補に

日本人の ほとんどは毛嫌いしていたのではないですか?

日本マスメディアもヒラリークリントン氏の
大統領当選を疑わない中

唯一、ジャーナリストの木村太郎氏だけが
トランプ氏の大統領当選を予想したのを記憶しています。

今回のバイデン新大統領に
クリーンな人間性を信じられないので

Koduck もガッカリしていますが…

スポンサーリンク

まとめ

不正選挙の疑惑や

真相を発表するとするトランプ大統領から

「敗北宣言」すらないことは残念に思いますが

映画 Back to the Future に出てきそうな

アメリカの悪ガキが年寄りになった感じの
トランプ元大統領は

金、戦争、貿易、宗教、自由、民族浄化、陰謀…

いろいろと闘い、結果も残してくれたと思います。

次の世代に残した宿題も大きいですね、、、

一番の知りたい真相は

ドナルド・トランプ氏は「かつら」?かなw

(Quiz 一か所、陰謀が隠されています)

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

気になるブログだねと思って頂けたら
いいね か 読者登録していただけますと嬉しいです。

BLOG RANKINGに参加しています

カエルさんを押してね!
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村
しおりトレンドニュース - にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。