緊急事態宣言が1都3県を対象に発令された1月8日。その当夜、鶴保庸介元沖縄北方相(53)の公設秘書2人と、門博文衆院議員(55)の公設秘書が、和歌山市内のカラオケバーで飲酒を伴う会食を行い、新型コロナウイルスに感染していたことが、「週刊文春」の取材でわかった。


鶴保氏(左) 門氏(右)

引用元:文春オンライン

緊急事態宣言が1都3県 に発令された1月8日当時、和歌山県では最多の新規感染者数を記録していました。