マタニティマークの問題。親の育て方、子供の教育。

こんにちは、Koduck です。

日本人は素養が良い国民だと世界から
褒められる事が しばしばありますが

テレビでお笑いの
キンタローが妊婦の時に
駅ホームで、ぶつかり男の被害に
遭った話を聞いて…

未だに理解が出来ません。

出生率が低いことを理由に
社会は妊産婦への配慮を考え直すことが

重要……なの?

マタニティマーク

2006年にマタニティマークが誕生しました。

妊産婦に優しい環境づくりが目的

厚生労働省が主導します。

マタニティマークの存在を知った時は
全く理解が出来ませんでした。

妊産婦を大事にするのは
社会の義務ぐらいに思っていたからです。

妊産婦に限らず
高齢者も障害者、怪我をしている人にも
社会の構成員ならば共存する権利がある。

今では情報が拡散され
妊産婦でも判断が難しい人や、体調のこと
知らなかった事も多く知ることが出来ました。

でも当時は本当に

なんで必要なの?

ぐらいにしか思っていませんでした。

Koduck が子供の頃は
電車では子供が立つものだと教育されていたので
今でも子供は着座させるものか
座らせないで目上に席を譲るものか
正しい答えを知りませんが…

一時期
マタニティマークを付けたくない
マタニティマークを付けた為に嫌がらせを受けた
との話を聞いて

驚きを隠せませんでした。

と言うより、理解が出来ません。

むしろ不快や危険の可能性になる現実があることを知ります。

高齢女性から妊産婦を理由に特別扱いしない。
などの発言を受けたり
学生から周囲の邪魔者扱いや侮蔑発言を受けたりなどが

ある話を聞きました。

マタニティマークを身につけて
不快な思いや身の危険を感じたことがあるか?
のアンケートに
およそ10人に1人が「ある」
と回答しています。(2020年)

仮に満員電車で妊婦に遭遇した時
配慮する余裕がない時もある訳で

どう対処すべきか難しい時も
あるけど…

空気を読むことを重んじる
日本の文化が、時として
周囲が声がけ、手助けしない状況を
見て見ぬふりをする空気が
出来上がると、それを打ち破って
助けることをしない裏目の結果も
十分考えられると

とらえる人もいます。

統計上は

マタニティマークをつけている妊産婦は 82.5%
付けていない妊産婦は 17.5%という現状が明らかに成りました。
引用元;PRTIMES 2020年6月

また

妊婦は「(席を譲るなど)サポートを要求」して欲しい訳でないなど

一般の認識とのズレを半数の人が思っています。

一般の方も
マタニティマークについて
肯定的認識が 約90% いる中

サポートをしてあげたいと思ってはいるが
出来ていない人の回答の中の 約60% 「勇気が出ないから」を理由としています。

ベビーカー論争

もう一つの争点にも注目してみます。

それはベビーカー

内閣府の調査によりますと、電車やバスの車内などでベビーカーを折り畳まずに利用できることについて、「賛成」か「どちらかといえば賛成」と答えた人は、合わせて90%を超えました。
引用元:NHK NEWS WEB  2021年1月

一方で
「どちらかといえば反対」「反対」は合わせて8%になりました。

この点については

国土交通省から

ベビーカーマークがある公共交通機関等には基本的にベビーカーを広げたまま乗車できます。そのため、ベビーカーマークがない公共交通機関等では、ベビーカーを畳んでの乗車が望ましいといえます。

国土交通省が各関係機関と協力して、平成26年から「ベビーカーの新たなマナーへの取り組み」を実施しており、ベビーカーマークを統一して、理解を広く知らしめようと啓発活動に取り組んでいます。

ベビーカーは周囲の理解が得られるものの

使用側にも最低限のマナーやルールを重視し
社会通念上での一般常識に則り

行動しましょう。

と謳っていますが

判断が難しく、不安な気持ちでしょうね。

おわりに

毎日、痛ましいニュースが流れてきます。

児童虐待が止まない世の中。

児童虐待する「大人たち」は
多くが自身の幼少期に虐待経験を持っていると

研究結果があります。

日本社会の90%の人が

マタニティ、ベビーカー使用に理解ある結果ですが

Koduck が問題にしたいのは

残りの数%の人の中から

ほんの一握り、一部の人間が
妊産婦へ暴行や暴言を行使する輩がいること

親の育て方、子供期に育った環境
が悪かったのかな?

弱いもの虐めするな!
女性を大事にしろ、、、の解決には

子供の頃の経験、教育が重要ではないかと思いました。

大半が安心できる人に注目するのではなく
一握りの悪い人を作った原因を探り

虐待経験者と違うアプローチが必要ではないかと感じます。

たぶん
世界から見たら
素養が高い日本人なのに

不思議なシステムと驚いているかもね、

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

BLOG RANKINGに参加しています

カエルさんを押してね!
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村
しおりトレンドニュース - にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。