深刻化する人種差別、偏向報道に騙されない。美しい国造りこそ解決方法。

こんにちは、Koduck です。

アメリカでは中国などアジア系住民を
狙ったと見られる暴力事件が深刻化して

早急な対策が求められていると懸念が
あるとテレビで報道しています。

詳しく調べてみましょう。

テレビ ニュース

いま、アメリカでは人種差別が深刻化し

アジア系住民を狙ったと見られる
暴力事件が多発していると

フジテレビのニュースで
次の動画を資料に報道していた

91歳の歩行者に突然… チャイナタウンに異変が アメリカ

ニュース番組内では

アジア系、91歳老人を突き飛ばす男性

とコメントつけて報道。

Man arrested for allegedly shoving woman outside bakery in Queens

こちらではニューヨークで
(52歳のアジア系女性を)
店から出てきた男性が

突き飛ばす映像。

詳しい内容を説明なしに
暴力的な映像だけ引用報道しています。

この人種差別の原因の一つとして

トランプ元大統領が
新型コロナウィルス発生源について

〝チャイナウィルス”と差別発言を
繰り返したのも要因と番組は推測するとしていました。

スポンサーリンク

Koduck の斜め読み

アジア系とまとめて報道することで

「日本人」標的にされている印象を与えています。

日本人強い人種差別迫害を受けていた時代が
あったことは否定出来ませんが

日本人、中国人、韓国人の区別が出来ない
欧米人から日本人人種差別迫害を受けている。

受けているイメージを植え付けます。

チャイナタウンでの中国人への事件と
ニューヨークで中国系老婦人が受けた
暴力事件を

アジア系(全般)が受けた人種差別迫害と偏向報道しています。

欧米白人vsアジア系 の対立構造を
特に アメリカ人vsアジア人 と

意図的に不協和音を作り上げているように
考えています。

トランプ元大統領を貶める偏向報道にも
注意していないといけませんよね、

中国発祥の感染ウィルス(いま時点でも確定していません)が

原因追及として中国共産党の対応不備を強調したもので
中国人を批判、差別した意図のものではありません。

(報道では隠した)中国人を標的にした暴力事件と、アジア人全般への人種差別とは
問題が違うことを理解する必要があると思います。

人種差別より弱者を迫害する構図の方に問題があると思いますけどね、、、

スポンサーリンク

人種差別にうんざりしている

アジア全般、フィリピン人やベトナム人へも
人種差別による迫害は終わりがみえません。

アジア系セレブアメリカ人が団結して
アジア人への差別に抗議を始めました。

プロバスケット選手である
ジェレミー・リンの言葉を借りて紹介します。

「人種差別はないと言われることに、下を向いて騒ぎを起こすなと言われることに、僕たちはうんざりしている。アジア系アメリカ人の子どもが成長したら『本当は』どこから来たのかと問われ、目のことをあざ笑われ、風変わりと見なされ、本質的に魅力的じゃないと言われることに、僕たちはうんざりしている」
引用元:SPORTING NEWS

台湾人であるジェレミー・リン選手

自身も中国人と「差別」してほしい願いに聞こえます。

うんざりしているのは
アジア民族を区別できない
欧米民族にも同じ苛立ちがあることにも気づきました。

中国人なら差別しても良い考えも
間違いですけど、、

アジア系セレブの抗議といっても
中国、韓国系のみが団結しているのも想像つきます。

おわりに

東日本大震災から10年になります。

未曾有の大震災を耐えて乗切る
日本人の姿と民度の高さに称賛と応援の声が

数多くSNS でも届けられたことを
きっかけに

世界に日本人と中国、韓国との違いや
日本人の歴史を知ってもらえた機会であったと

好意的に理解してはどうでしょう?

日本人には理解がある
世界であると感じています。

それでも偏った報道をする
オールドメディアには

アジア人、全体が被害に遭っている印象を植えて
アジアと白人(主に資本主義)の中に対立を産み付け

片方に寄った思想に誘導されないように、気をつけなければいけません。

差別を小さくするのには
民族差別を議論するのではなく

民度を熟成させて互いの敬意を大切にすることが重要であることを

日本人は数々の自然災害と困難を経験して
財産にしたのがわかりました。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

BLOG RANKINGに参加しています

カエルさんを押してね!
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村
しおりトレンドニュース - にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。