まん延防止のGW 計画はお済ですか? バッハ会長は計画済んでいます。

こんにちは、Koduck です。

家族の慶事事で久しぶりに外食しました。

予約が出来たのが18時30分
入店したけど、既に満席。

店側の慌てぶりもあり
30分は店内で無駄な時間を過ごしました。

まん延防止措置の影響で
ラストオーダーが19時30分

焼肉屋さんですから、全然ゆっくり出来ません。

一家で、早食い大食い大会開催ですw

さて、あなたのGW 計画は立っていますか?
データを提供してくれる【調査のチカラ】からGW アンケート結果をみて

バッハ会長の予定と重ねてみます。

調査のチカラ GW


出典:nippon.com

昭和の日から子供の日まで
「7日以下」と答えた人が

74.3%と多くの人が答えていました。

暦通りの「5連休」が3割強
「4連休以下」が4割強でした。

コロナ禍の2シーズン目?となる今年

緊急事態宣言下の昨年と違うところは、どこでしょうか?

やはり自宅で過ごす方が圧倒的ですが

外出することを計画している人も多少いるのが、わかります。
コロナ感染拡大の対策が昨年より整ってきたのも理由でしょうね。

GW 期間中にかける費用も
昨年にかけた平均金額から3,000円アップを予定しているそうですが

コロナ前の一昨年の56%水準であることから節約は続いているようです。

調査のチカラ イベント調査

国内初公開
「コロナ禍でのイベント中止・オンライン開催に関する意識調査」

■レポート概要
<調査結果サマリー>
1.そもそも消費者はオンライン開催を望んでいるのか。

・6割以上がオンライン開催を希望。「芸能系イベント」中止経験者では4人に3人に及ぶ。
2.有料でのオンラインイベントへの参加意向はあるのか。
・6割以上が有料であってもオンラインイベントへの参加意向を示す。
3.支払い可能な価格はどの程度なのか。
・オンラインイベントへの無償参加層は一年間で半減。
・定価の半額以上を支払う意思のある人が増加傾向、最新調査では60%超え。
4.どのような価格形式が支持されるのか。
・全イベントカテゴリーにおいて定価(固定価格制)の支持率は過半数割れ。
・芸能、ビジネス系イベントにおいては「あと値決め」形式が定価を上回り最上位へ。

長引く、先が見えない新型コロナの影響で

芸能、ビジネス系イベントを
Koduck の周囲にも早く参加したくてフラストレーション溜めている方が多いのが現実です。

一昨年の「我慢」していた分
2021年に入り

無観客開催、オンライン開催が増えたものの

参加予定のイベントが中止・延期になって「非常にがっかり」「がっかり」と答えた人は75%前後と高い水準になってました。

引用元:調査のチカラ

バッハ会長 来日

5月17日から2日間の日程で来日する方向。

初日は東京五輪・パラリンピックの聖火リレー到着式典が行われる広島市、2日目は都内で五輪組織委員会のトップと面会する予定としています。

GW から、ちょうど2週間

新型コロナウイルスの感染拡大具合を判断しにくるのでしょうか?

4月22日に

国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が新型コロナウイルス感染対策の3回目の緊急事態宣言発令は東京五輪・パラリンピック開催と「無関係」と述べた。

この発言には「無責任だ」の批判が相次ぐのも仕方がありません。

今までの対策は、何だったのでしょう?

おわりに

バッハ会長が

五輪と緊急事態宣言は「関係ない」と発言しました。

満足は出来ないものの
オンラインイベントを受け入れている生活に少しずつ慣れてきた社会があります。

テレビメディア離れが世界中である現象だと仮定しても

やはりスポンサーの営利が一番の収入源だと考えれば
バッハ会長の発言は

スポンサー対策の発言なのでしょうか?

ボランティアへの費用、人材サービス会社の中抜きが話題になりました。
95%中抜きして、ボランティアには時給1,600円と伝えていますが…

悪い報道でしょう、

先行投資している費用が含まれていません。と考えます。

自己完結を要求される災害ボランティアとは違うからです。
つまり数億円は先行投資され、回収できない資金が投入され済みと考えています。

皆さんは、どう思われます?

わざわざ来日する理由が

一番大好きな久兵衛の「お寿司」を食べに来るだけなら

命がけで世界一高い(数億円)お寿司になりますねw

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

ポチっと押してね!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。