インド コロナに休息日はありません。

こんにちは、Koduck です。

毎日、新型コロナの情報が流れて
不安な気持ちが収まりませんけど

インドの感染拡大を考えた時
日本の不安が少し騒ぎ過ぎではないの?
(もちろん用心するに越したことはありません)

と思い、調らべてみました。

インドで1日に確認された新型コロナ感染者数が30万人を超える日が止まることがなく
4月12日には世界2番目に感染者数が多いブラジルを抜いて急拡大しているのは知っていますか?

5月1日の統計で

約1960万人が感染
21.6万人の死者数が発表されています。

ワクチン接種数は全人口の9.2%にあたる1億5485万人(1回以上接種)が済ませていました。

【BBCNEWS】の報道を中心に
他に及ぶ影響を考えてみました。

BBC NEWS

人口13.66億人(2019年)のインドで

インド政府は7月までに2億5千万人に
ワクチンを提供する目標を設定していました。

5月1日から18歳ー44歳を対象に、約6億人分のワクチンを新規提供する予定だった。しかし、「CoWin」と呼ばれる予約受付サイトは、一気に押し寄せたアクセスに対応できなかった。

ワクチンの供給量が限られているのに
接種対象だけでも6億人が受付けサイトに殺到して混乱させたのには政府に理由がありました。

感染急増の中でも若者の重症化と入院が増えているのが背景と分析していましたが

政府は、まず45歳以上の接種を終えるべきだったと専門家が批判しています。

日本の接種対象とは少し違う事情があるみたいですね

病院の大半が飽和状態となり、自宅で治療を受けざるを得ない患者が数多く出ている。多くはブラックマーケットで酸素ボンベや抗ウイルス薬「レムデシビル」や関節炎治療薬「トシリズマブ」といった医薬品を買い求めている。

病院の飽和状態や医療品不足が伝えられていますが

日本の感染者数と比較にならないほどの感染者なのに、ここで病院の飽和状態と騒がれるのに驚きます。日本で騒がれる病院パンデミックは何なのでしょうか?

スポンサーリンク

数字に反映されない病院に入院・通院できないほどの最貧民層が存在し、農村地域では特に自宅での死亡例は記録されないとも伝えられています。

ソーシャルメディアには命を助けて欲しいと、ひっ迫したメッセージがホラーのように投稿が止まりません。

世界の問題としてインドに注目するのは、1つの国で感染が急拡大すれば、他の国にも広がる可能性が高い。とBBCニュース、レベッカ・モレル国際科学担当編集委員は伝えています。

イギリスやシンガポール、ロシア、ニュージーランド、フランスなどが支援を発表し、医療用機器などの供給を約束した。外交上は対立関係にあるパキスタンや中国も、支援すると述べている。

・バイデン米大統領はインドのモディ首相と電話会談し、「全面的な支援」を約束した。

しかし深刻化する感染拡大で

火葬場に運び込まれる遺体が急増で対処し切れず、臨時の火葬場を公園や空き地などに設置せざるを得ない状況となってます。

追い詰められたのは医療現場だけではなく

火葬場、不足する火葬の薪なども深刻な状況なのがわかってます。


出典:AFPBB News

インド全人口の約80%を占めるヒンドゥー教徒の多くは、宗教上の慣習としてガンジス川や支流のヤムナ川に遺灰を流すことで知られていますので

「聖なる川」の汚染も今後、深刻になるのが予想されますよね

そのなか、オーストラリア政府は
インドからの入国を禁止する発表をしました。

違反した場合は最大で5年の禁固刑や罰金が科せられる可能性がある。

資料参考引用元:BBC NEWS

日本の水際対策

出入国管理及び難民認定法(入管法)第5条第1項14号に基づき、上陸拒否対象国の中にインドが含まれていましたが(令和3年4月30日外務省)

ヒゲの隊長こと自民党
佐藤正久参議院議員は Twitter で

「日本の水際対策は、底が割れた鍋のような状態だ。国内で感染者が出てから『壁』を高くして備えても、もう遅い」

と警告していました。

スポンサーリンク

記事の中で

出入国在留管理庁の公表資料によると、最近の日本への入国者数の総数の推移は別表の通り。3月だけでも、外国人は1万9393人が入国した。このうち、2017人が人道上の配慮が必要な場合などの「特段の事情」で、残りの1万7376人が査証(ビザ)を持つ再入国者だった。

と伝えてくれてます。

Koduck も過去に
【コロナ】~ビジネス往来 

感染拡大のひとつの心配として外国人の入国について書きました。

日本のメディア

テレビで流れるコロナ感染に関する
情報番組で良く流れる情報なんかを

わかりやすい画像を拝借していますが


出典:毎日新聞

「問題行動が目立つ夜の街」と題して
渋谷の「若者」の危機意識が低いと
報道。

若者に外出の理由を聞く調査なんか、、

ハラスメントですよね?


出典:Yahoo! ニュース

ゴールデンウイークで行楽地も自粛疲れの息抜きを求める観光客でにぎわい、県外から訪れる人も…

子供もつらい気持ちはわかります。

潮干狩り会場の駐車場で
県内、県外ナンバーを調べて報道

報道番組が「自粛警察」になってます。

おわりに

戦争体験はありませんが
インドでは戦争より酷い状況なのでは?

と思える現実がありました。

木材伐採や遺灰を川に流すなど
環境にも深刻な汚染が心配されます。

日米豪印「クワッド」も関係しますが
日本も医療体制支援を発表しています。

世界40か国が治療に使う酸素、医療品の供給を表明していました。
(韓国が米国へ難癖つけた当てつけではありません)

日本も感染拡大防止のため
様々な知恵をだし、支援金も出していますが

Koduck には力点の入れどころが違う様に感じています。

(自粛について改善が必要と考えています)

必要以上に警戒を煽る必要もありませんが
日本は平和なんだな、と感じます。

皆さんは、どの様に思われますか?

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

ポチっと押してね!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。